銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2013年10月18日発売)
4.24
  • (358)
  • (404)
  • (124)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 3208
レビュー : 191
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091244741

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホルスタイン、巨乳。

  • 2014/01/07
    【好き】アキの勉強方法を模索する八軒。 父に反論する八軒、学校見学に来た八軒母。 今度は一口1000円の豚肉ファンドのリーダーにされた八軒。 それを機に豚を肉にする現場をみんなで見学。 兄が国際結婚。 中間テストを経てクリスマス。 パソコンのウィルス感染のオチに笑った。 この巻は、みんなキラキラと充実してて楽しくなった。

  • 自由な人とは思ってたけど、八軒兄がまさかの(笑)

  • エゾノー冬の巻。母親に成長した姿を見せたり、豚肉ファンドを作ったり、この巻もおもしろい。96ページの食の「安全」と「安心」の違いとか、生産者番号の指名買いは勉強になった。

  • 登録番号10639 分類番号726.1 ア(9)

  • 銀の匙、1巻から9巻まで一気読み。生きることの本質をこんなに和やかにほのぼのと描けるってすごいなあ。面白いし。

  • 豚肉ファンド楽しそう!

  • 八軒ママ来校の回好きだ。なんかツボ。
    私もママさんと同じ立場でエゾノーの美味しいものご馳走になりたい。

    豚肉ファンドは何か凄いことになってる(笑)
    安心安全の多摩子さま。流石!
    八軒に遠慮してた組の子達、いい子だわ。
    食品科の池田さんは影のヒロイン。

  • 八軒の成長が格好いいなあ。
    そして色々考えながら生きていて偉いです。見習います。

  • 前向きにがんばる八軒くん。
    ほんっっとに変わったよね。
    御影が大学進学を目指すことになり、勉強を教える。
    実家に兄の参考書を探しに行ったところ、父と鉢合わせ、ご飯を食べて帰ることに。学校を辞めちゃった駒場のことをバカにされたようで、思わず父に言い返す。

    八軒、やるじゃん!カッコイイじゃん!!
    御影のずれたクリスマスプレゼントもほのぼのですなぁ。。。

    そしてちゃんと、自分たちが育てた豚の解体まで見学する「豚肉ファンド」。
    これ、農業高校だけじゃなくって全部の高校でやったらいいのにねぇ。

全191件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする