銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2013年10月18日発売)
4.24
  • (357)
  • (405)
  • (124)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 3204
レビュー : 190
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091244741

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そろそろ両親との確執にもメスが。
    アキとの仲も友人公認みたいになってる~。
    しかし、うまくいってるところで失敗するのがセオリー、がんばれ八軒。

    もう一回屠畜体験やんの?
    駒場は?

    兄ちゃん、あいかわらずフリーダムだな。

  • 話が進めば進むほど面白くなってきますね!
    今回も農業高校らしいわちゃわちゃした感じが読んでいて面白かった!そしてやはり出る『食』の話。食べる食べない、食べたくないでも生きるために食べる、答えは見えません。でも、考えるのは辞めたくない。辞めてはいけない問題なのかもしれません。
    このお話を読むと、漫画の中の八軒だけではなく、読んでいる自分も成長してきているような気がします。

  • 親も旧友も八軒の変化に気付いている。
     
    ブタの加工から販売。
    八軒はブタファンドから新たに何を学ぶか。

    男子風呂ヨーグルトはナイスアイデア♪
    アキちゃんからもらうクリスマスプレゼント羨ましい・・・
    お兄さん結婚おめでとう!

  • 八軒は見るたびに好きになるいいキャラだなぁー

    屠殺のシーンは結構くるものがあった
    相川の真摯な顔が印象的だった

    お兄ちゃんやお父さんとの仲も徐々によくなるといいなぁ…

  • 確かに、タマ子は金銭管理完璧だろうなぁ(笑)

  • 前回の駒場のことも踏まえてキャラの成長を感じる巻

  • 8巻に比べて、おバカなエゾノー生炸裂してて笑わせてもらった。
    特にコンピューターウィルスの回。

    八軒父、まだ石頭のまんまかな…

  • 両親と向き合いだしてきて、
    成長の証が嬉しいところ。
    クリスマス会を巡る話が、男子高校生すぎて面白かった。

  • 自然や労働、生命について考えさせられる良書。
    多くの子どもに読んだもらいたい作品。
    現時点ですでに大傑作確定。

  • 八軒とアキの勉強話から、八件の実家に行ったり。
    多少の蟠りが治ったりと結構盛りだくさんの9巻でした。
    兄の結婚。ロシア人って……。
    そのへんも今後絡んだりするのか、それとも普通にお遊びなのか。
    まだまだ余談を許しません。

全190件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする