銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2013年10月18日発売)
4.24
  • (357)
  • (405)
  • (124)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 3204
レビュー : 190
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091244741

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何時ものように読後、あ~これぞ青春!と思える。
    タマコが八軒に言った、「信用してるから」なんて言葉、自分なら照れ臭くて言えない。
    八軒、いい仲間に出会ったな。

  •  御影の勉強、豚の解体、過去と向き合うなどなど、今回も盛りだくさん。
    お父さんが怖かったのと、お兄さんが驚きのニュースをもたらしたり、お母さんが学校へやってきたりと、八軒の家族も総出演です。
     八軒がお父さんに言い返したのと、お母さんが八軒の成長ぶりに驚いてるところが感動しました。

     豚の解体も。切ないけれど、これが「食べる」という事なんだというのを勉強させられました。

  • リア充(仮)wwwwww

    八軒も御影さんも相川くんもその他諸々みんなも、いろんなことを考えながら少しずつ成長して行く。いい話だねぇ。

    原作はいいねぇ。アニメ化されたけれど、なんかアニメは物足りない。何でだろう。原作のテンポはスゴくいいのになぁ。

    (個人的には八軒くんの声がしっくり来てなかったりもする…声のファンの方ごめんなさいね。単に私の頭の中で鳴らしていた声と違いすぎるってだけなので、批判反論ご容赦を)。

  • 銀の匙を読んでいると、物語の面白さは勿論のこと、食の大切も考えさせられる。今回は食べるだけでなく、口にするまでの行程までぎゅっと詰まってる。飼育から解体、加工などは勿論のこと利益云々とか経理とか、学生時代にこの作品に出合いたかったな[2013年10月19日購入]

  • 八軒と御影ちゃん、どんどん距離縮まってるね〜!
    豚肉ファンド、私も一口のりたい!
    ギャグ部分とシリアス部分のバランスがいいよね。
    子どもができたら読んで欲しいマンガです。

    あ、お兄ちゃん結婚おめでとうww

  • 新刊を買ってきて即読了。八軒が父に反駁するシーンが良かった。後に出てくる「おまえは経済動物より下だ」の場面で二度笑える。母の突然の学校訪問や豚肉ファンドなど、この巻も笑いどころが一杯。それでいて各話の結びにはホロリとさせるコマが入る。さすが!

  • 父親にちゃんと反論できた八軒。大きくなったねえ。失敗していいんだ、というメッセージ、親が一番子供に伝えないといけないことだと思う。母親もなんかおどおどしてて好きになれないなあ。他のお母さんたちがたくましいからそう感じるのかな。 タマコが好きです。

  • エロサイト事件の真相笑った。
    豚肉を喰らう会、解体シーンを見るのはつらいけど、みんなでわいわい楽しそうでいいな。
    自分じゃなくて友達をけなされた気がして八軒くんが初めて父に反論できたところが良かった。

  • 各々のキャラクターが魅力的で、読んでて気持ちが良い。
    ベーコンのビジュアルが可愛い過ぎて、血抜きのシーンが辛いんだけど、それを見たキャラクターの台詞がシックリきてる。

  • 八軒くんの成長巻! だと勝手に思ってる。
    お父さんに言い返してたのは、感動した。
    前に家庭科で家畜が解体されるビデオ見させられたことあるけど、ビデオでグロいと思ったんだから、生で見たらきっとトラウマもんなんだろうなぁ。
    相川くんがんばって(小声)

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする