銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2013年10月18日発売)
4.24
  • (358)
  • (405)
  • (124)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 3208
レビュー : 191
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091244741

作品紹介・あらすじ

映画化決定!大人気酪農青春グラフィティ!

逃げてきた過去がある。頑張っている今がある。
牛乳は、誰かが育てた牛から誰かが搾り、誰かが届けてくれている。
酪農が教えてくれたこと。エゾノーで学んだこと。
どこから来て、どこへ行くのか…
来し方も 行くすえも どっちも大事。
夢をみつけられない八軒勇吾は、生まれ育った札幌で自分の過去と向き合う。
エゾノーの冬は、寒いだけじゃない。

【編集担当からのおすすめ情報】
国民的大ヒット作の酪農青春コメディーの第9巻いよいよ登場です!人生の岐路に立つ少年少女の悩み苦しみ頑張りが詰まっています!もちろん美味しい場面も、いつもどおり満載です!!アニメ化+映画化でますます大きくなる銀匙ワールドを是非お楽しみください!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本屋さんのシーン、好きだな。
    同級生たちもきっと心配してたんじゃないかなぁ。
    八軒くんも「周りを見回す」って、あとほんの少しの余裕さえあれば
    苦しい時間を過ごすこともなかったのかもねぇ。

    そんなテンパり体質の弟と
    「いきなり!?」な兄。
    そして、とことん不器用な父。
    おかあさんも大変だ。(笑。

  • 何時ものように読後、あ~これぞ青春!と思える。
    タマコが八軒に言った、「信用してるから」なんて言葉、自分なら照れ臭くて言えない。
    八軒、いい仲間に出会ったな。

  • リア充(仮)、笑ってしまいました。

    自分の得意分野に引き込むというのは、
    勉強以外でもなんにでも言えるやり方のひとつだと思います。

    嫌々ながらもお兄ちゃんに相談する八軒君。
    実家に帰った時中学時代の友達にあって、
    普通に仲良く話せるところがほっとします。
    連絡先を交換して、お互い良い印象で別れていて
    嬉しいです。

    お父さんは相変わらず言い方がきついですが、
    「一度失敗した人間は何もしちゃいけないのか?」
    と言い返す八軒君。
    失敗してもやり直せる、という考え方にシフトしてきて
    ちゃんと前を向けるようになってきて。

    シビアなタマちゃんの、八軒の夢をアキに叶えさせようとしているという指摘。
    お父さんからだけでは素直に聞けないけれど
    気づきを与えてくれるありがたい指摘です。

    お母さんはお母さんで思う所があって、学校を訪ねてくる。
    学校にお母さんが来て友達や先生と会うなんて
    私が八軒君ならかなり恥ずかしくて嫌ですが。

    またプチパーティー状態になり
    八軒君がいると真面目な話題で盛り上がる状況を
    目の当たりにするお母さん。
    「兄貴みたいに勉強でちゃんと結果出して
    逃げられるほど頭良くないし」
    「俺が変われたのはみんなのおかげなんだ」
    とお母さんにはっきり言う八軒君。
    お母さんも、お父さんがベーコン美味しいって言ってた
    とつい嘘を言ってしまったことを謝ってくれます。
    「真剣にやってるからこそ嘘をつかれるのは嫌よね」
    と反省しているお母さんに対して、
    自分の作ったものに感想が欲しいよな、と理解を示すのも、
    『前の俺とは違う』姿勢なのだろうと思います。

    何気ない会話から豚ファンドが始まる展開、
    凄くワクワクします。
    タマちゃんが経理を頼まれて、二つ返事で
    「いいわよ」
    「信用してるから迷いなく簡単に乗っかれるのよ」
    と言ってくれるのもとても嬉しいです。

    買うからには一頭買いしたい、という八軒君のこだわりを聞いて、
    三頭目が予定口数にいかなかったら残りを出す
    と言ってくれる富士先生も本当に恰好良い。
    先生の提案で解体を見に行くことになり、
    実際見ることで学ぶことも多い様子。

    可愛がっていた馬の内二頭は肉用で売られていった
    というアキちゃん。
    色々複雑だろうなと思います。

    字が汚い者同士、お兄さんのノートを
    常磐くんがすらすら読めてしまうのも面白い。

    そしてロシア人女性と結婚したというお兄さん。
    相変わらず自由です。

  • はじめて八軒が父親に反抗する。
    今までの経験が説得力となって、理詰めの親父と戦う場面は見ものだった。

  • アキの受験勉強のために兄のノートを取りに実家に帰る八軒。
    父親に反論する姿に母親が八軒の高校生活に興味を持ったエゾノーにやってくる。
    豚肉の加工食作りでファンドを立ち上げる話。今度は育てた豚が殺され、解体するまでをしっかり見る八軒たち。確実に成長している。

  •  八軒がすげー成長していてまぶしい。お母さん八軒君を直視できないよ……! という母目線になった。リアル母なら号泣するレベルなんじゃなかろうか。

  • 人の成長を書くのが本当にうまい人だ。
    何度読んでも面白い。

  • 大人になった私でも、感情移入できる青春マンガなので、家族に借りてよんでいる

    大蝦夷農業高校を舞台にしたおはなし
    本巻では、御影に勉強を教えることになったことをきっかけに、八軒が実家に帰省して家族と向き合う

    いいなぁ、とっても充実した高校生活なんだなぁ、と、いつも思う
    私の高校生活とは比べものにならない
    けれど、八軒の父親はいちいちきつくて、何を考えているのか分からない
    エリートで勝手な親はあんな風なんだろうか?
    今回は、畜産では外せないであろう屠殺のはなしも出てきて、現実味もある
    友達が八軒に持たせてくれたおみやげを見て、自分で食べるものを自分で作り出すことの尊さのようなものを感じた
    いつも思うけれど、巻末の次巻予告もいいんだよなぁ

  • 八軒君が、父親に初めて言い返すシーンに成長を感じました!
    パパ、気難しそうだよね…息子が結婚する時なんかどうなるんだろ;
    お兄ちゃんは相変わらずフリーダムでした。お嫁さん、早く見たい。

    アキちゃんとの関係も良い感じになってきましたね~♪
    クリスマスプレゼントがあれって、やっぱりアキちゃんだなぁ(笑)

    焼き椎茸が無性に食べたくなりました。
    私はレモン汁と醤油派!!^^

  • 八軒の家庭事情。
    ゆるやかで確かな自己改革。

    再び始まるバカ騒ぎ。でも人生への大きな糧。

    目を背けたくなる、実情。夢。

    本巻も色々なモノが詰まっていて、とても面白かった。
    しかし、やや説教臭くなってきたかな〜と思ってた序盤。

    一転。とあるシーンでフッと力が抜けて笑える。
    どこで? 誰が?…は勿論書かない。
    予想を上回る言動に、思わず笑みを浮かべてしまった。

    現実とコメディ。
    これらの配合が絶妙。

    両方向ともに、緩急が素晴らしくとても飽きない漫画。
    今後も失速することなく、このまま進めて欲しいと切に願う!

全191件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする