サイボーグ009 完結編 conclusion GOD’S WAR 3 (少年サンデーコミックススペシャル)

制作 : シュガー 佐藤  早瀬 マサト  石森プロ  石ノ森 章太郎  小野寺 丈 
  • 小学館 (2013年10月18日発売)
2.59
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (6)
  • (2)
  • 本棚登録 :80
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091245281

作品紹介・あらすじ

009完結編、ついにジョーのエピソード!

石ノ森章太郎が遺した膨大な構想ノートと資料、本人による小説原稿に基づいて、小野寺丈氏が構成。作画は石ノ森先生のアシスタント・シュガー佐藤氏と早瀬マサト氏、石森プロが担当。不朽の名作がついに完結する。



【編集担当からのおすすめ情報】
第3巻収録は、007=ブリテン、008=ピュンマ、009=ジョーのエピソード。それぞれがそれぞれの場所で“神”に遭遇! 「クラブサンデー」連載時のカラーページも完全再現。読み応えたっぷりの240P!!

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD’S WAR 3 (少年サンデーコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説版では2巻に及んだ各ゼロゼロナンバーズの序章がこの巻で完結。物語にはだんだんグロい要素も混じり始めてきているが、萬画版では幾分抑えた描写になっているのはまあいい。しかし009編の『女神の陰謀』の翡巫女こと篝矢翡翠はアニメ版も小説版もムカつくキャラだったが、萬画版はそのいけすかなさが頂点に達してるよ。うー、この女超ムカつくー、こ(後略)とジョーのファンでないワタシでさえ思うのだからなあ。そして次巻からは最終章か…。読むのがますますしんどそうだ。

  •  1巻は石ノ森先生の雰囲気を壊さないようにしているのですが、だんだん離れて来てるなぁ。2巻のフランソワ、ジェロニモも変だったし、3巻のジョーもなんだか…
     別物として楽しむには、絵柄が近いのが邪魔してます。その絵柄も描き手の地の絵が出て来てるから、いつの間にか絵柄ががらっと変わってたりして(笑)

  • 良い

  • 昔からジョー&フランソワ派なので、ジョー編の冒頭にショックを受けました。
    エピローグが御大への愛が籠もっていたのがよかった……けど……。

全4件中 1 - 4件を表示

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD’S WAR 3 (少年サンデーコミックススペシャル)のその他の作品

サイボーグ009 完結編 conclusion GOD’S WAR 3 (少年サンデーコミックススペシャル)はこんなマンガです

ツイートする