銀の匙 Silver Spoon (11) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館 (2014年3月5日発売)
4.21
  • (334)
  • (400)
  • (141)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 3140
レビュー : 213
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091245748

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • blog(2014-03-19)から転記

    8巻以降買ってなかったのでまとめ買い&1巻から読みなおした。
    やっぱり農業高校は大変だなぁというのが真っ先に浮かぶんですが(朝苦手)、それでも頑張って働き、成長続けているハチは偉いなぁと思わずにはいられない。
    色々と壁にぶち当たることはあるけれど、周りに助けられたり自分で考えて乗り越えていく姿が頼もしいです。
    家族とも何とかうまくやっていけそうになり始めてるのを見守るのも楽しみの一つです。あのお父さんは一筋縄では行きそうにないですが。
    駒場牧場の件は色々と考えさせられますが、つながりが残っているのが読み手としては救いです。また何かハチがやってくれるんじゃないかと今後に期待。

  • 1年生編修了、“銀の匙”の意味もわかり、
    下宿生活の準備の話。そして、それぞれの希望へ!
    表紙も“やる気”満々の表情の八軒です(*^_^*)
    1巻の頃の顔とは大違い、格段の進歩です。
    人との繋がりの大切さの理解も同様。
    2年生編、楽しみですよ~。
    「本気には本気で返す」パパ、実は良い人!
    でも、顔怖すぎ!どんな仕事の人なのでしょうね(^^;

  • 本気には本気で返す。

  • 八軒たち1年生が進級し、上級生寮や下宿へと巣立つ旅立ちの時。農業の厳しい現状から学生起業を目指す八軒は、父ともがっつりぶつかれる逞しさを得た。御影との仲も、じれったいほどに発展を見せないが、それでも互いに(八軒は元々だが)惹かれるものがあって羨ましい。全体的に旅立ち・別れの嬉しいような寂しいような空気が漂う巻であった。

  • 「本気には本気で返す」。がんばれ八軒。ps.御影はもはやギャグ要員にしか見えない…。

  • バレンタインもあり、八軒と御影の仲がちょっと進展?
    八軒もいよいよ退寮。朝から晩まで一年一緒だったみんなとの生活も、これで最後。。具体的な自分の未来像も、見えてきたようです。
    新しい生活が、はじまります…!

  • もうすぐ春、八軒たちも2年生になる。エゾノー寮を出る日が近づいて、寮に残るか下宿にするか選択を委ねられる。八軒の見いだした自分の将来への希望、本当にビックリしましたが、でも本気なんだよね… だから、お父さんも本気で八軒に返してくれてるんだもの。怖い横暴な人だけじゃなくて、素敵なお父さんだった… また一歩一歩進んで行こうとするみんなに、明るい暖かな春が来ると良いですね。大川先輩の将来は心配ですがww

  • 退寮が近づく中、八軒の目指す方向性が見えてきた?

  • 八軒が大きな目標をみつける。

    これからまたどう成長していくのか、楽しみです。

  • 起業のため、寮を出て下宿へ。
    お父さんに出資してもらうがため、企画書作り。
    八軒くんも、他の子達もしっかりしすぎていて高校生とは思えない・・・!
    アキがちょっと鈍感すぎるけど、八軒くんとアキの距離感いいなぁ。

全213件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

銀の匙 Silver Spoon (11) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする