ARMS (1) 少年サンデーコミックススペシャル

  • 小学館
3.83
  • (172)
  • (114)
  • (243)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 1065
レビュー : 104
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091248817

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 力が欲しいか

    のセリフで有名なマンガ。
    皆川作品でおなじみの
    “最強親父”“むちゃくちゃ強い生身の人間”がかっこいいです!

  •  現代異能バトルの金字塔的な作品である。連載当時に少し読んでいたのだが、途中で読むのを止めてしまっていた作品であり、ふと思い立って読んでみている。
     この一巻では四人のARMSのうち三人が登場しており、その間で物語が展開されながら敵対組織エグリゴリとの緒戦が開始している。全体的にやや説明くさい台詞が目立つが、テンポ感はすこぶる良い。
     それにしても、この作品の与えたインパクトは大きかったのだろう。かれこれ20年近く前の作品であるが、たとえば親から受けた格闘訓練で戦える主人公像だとか、ナノマシンによる異能だとか、今現在でもそうした設定の系譜を引き継ぐ物語は少なからず存在する。

     物語としてはあくまで立ち上がりであり、引き込む強さはそれほどではない。ここでは星四つと評価している。

  • マンガにハマるきっかけ。
    不思議の国のアリス×科学。
    なんてお洒落なモチーフなんだろう。

  • 中学生くらいの時に読んでたら間違いなく世界観にのめり込んでたはず。ちょっと読むのが遅かった…

  • 中二っぽいストーリーではあるけど
    絵の素晴らしい安定感
    更にアクションシーンが派手でよろし。

  • 漫画喫茶二件ハシゴして18巻まで。残りはパチ屋で

  • 皆川さんの作品はどれもこれも大好きなのだがARMSもいい!やたらと現実離れしている所が今のマンガにはない娯楽性かも。簡単に言うとターミネータ(違うのでry)

  • 初めて読んだ皆川作品。
    毎週読んでるサンデーで連載してたので。

    面白さについてはいうことなし!おすすめです。

    ほんと、主人公が格好良すぎる。皆川作品はみんな主人公がいいんだよなぁ。
    でもみんな似ているけど。。。

  • 最近はもうあまり見なくなったシビア雰囲気のバトル漫画。学校に組織が乗り込んでくるとことか廚ニ心をくすぐられる。んでまた主人公が格闘技能とか備えちゃったりしてんだよねぇ、ツボを押さえてるというか。

    ARMSのデザインも半生物的というか、ちょっとグロテスクな感じでカッチョ良い!!

  • 全22巻 完結

全104件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

千葉県出身。漫画家。1988年『HEAVEN』で「少年サンデー」にてデビュー。『ARMS』で第44回小学館漫画賞を受賞。2019年現在、「ゲッサン」にて『海王ダンテ』を連載中。代表作の一つである『スプリガン』のアニメ化が決定している。

「2019年 『SDガンダムスペシャルアンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ARMS (1) 少年サンデーコミックススペシャルのその他の作品

皆川亮二の作品

ARMS (1) 少年サンデーコミックススペシャルを本棚に登録しているひと

ツイートする