名探偵コナン (18) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.52
  • (53)
  • (32)
  • (164)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 880
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091250483

作品紹介・あらすじ

▼第1話/同じはずなのに…▼第2話/二つの部屋▼第3話/初恋の人…▼第4話/燃える真実▼第5話/心は開く!?▼第6話/転校生は…▼第7話/黒ずくめの女▼第8話/コードネーム・シェリー▼第9話/偽りの少女▼第10話/チェックメイト
●登場人物/工藤新一(高校生名探偵。謎の組織の薬により体が小さくなってしまう。正体を隠すために"江戸川コナン"を名乗る)、阿笠博士(ただ一人コナンの秘密を知る、風変わりな発明家)、毛利蘭(コナンのガールフレンド)、毛利小五郎(蘭の父。おっちょこちょいのヘボ探偵)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少年サンデーコミックス

  • FILE.6-8の灰原哀ちゃん登場回を読了。偽札造りのために、ちょっと絵が上手い高校生をスカウト(誘拐)しちゃう悪者たち(黒の組織とは無関係)さすがに迂闊すぎない??

  • はいばらあいというふしぎなてんこうせいが学校にやってきたそいつはコナンとおなじくすりをのんだ黒ずくめのなかまだったじこうきたい

  • 灰原登場。彼女の登場によって
    組織の存在が暗く陰湿な影をコナンに帯びてくる

  • まさかの転校生・灰原登場ッ!

    黒の組織って、証拠隠しは徹底的にするのに、工藤新一追跡についてはザル。

    ・人気俳優のマンション階数トリック
    ・新一の初恋の人?別荘炎上
    ・ニセ札事件と黒の組織の女・シェリー

  • 高木刑事や哀ちゃん登場・・・!
    ネット使ってるから電話が使えないだなんて今の時代の子にはわからなそうだ。

  • コードネーム「シェリー」登場!

  • うん、これは普通に騙されそうになるな。

  • FILE1〜2
    前巻からの時代劇俳優の事件の続き。
    何気に高木刑事初登場。
    トリックは随分無茶苦茶だけどまあいつも通りってことで。

    FILE3〜5
    新一の初恋の人(?)が現れる。
    動機の割に放火とかだいそれたことやるなぁ、と
    事件はどうでもいいですがエピソードとしてはそこそこ好きな話。
    麻美先輩美人。

    FILE6〜8
    灰原哀初登場回。
    偽札事件。
    ラストで哀ちゃんが正体バラします。

    FILE9〜10
    前の話からの流れで組織のデータが入ったフロッピーを取りに大学教授に会いに行くコナン・哀・阿笠博士。
    しかしその教授が殺されてた事件。
    コナンと哀ちゃんの掛け合いが好きです。


    2巻の宮野明美の事件がまさかここで生きてくるとは、と当時感動。
    そういえばこの事件ってアニメと原作で若干違った気がする。
    しかし宮野姉妹似てないなぁ…。

    この頃はほぼ毎巻新キャラ出てくるし、1話限りの登場人物にも魅力的な人物が多くて面白いです。


    この巻での死者は1名(計45名)。

  • Sherryこと灰原哀初登場。
    初めて読んだ時はコナンと一緒で頭が切れて頼りになりそうという印象を受けました。

全23件中 1 - 10件を表示

名探偵コナン (18) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

青山剛昌の作品

名探偵コナン (18) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする