烈火の炎 (16) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.34
  • (16)
  • (11)
  • (85)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 345
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091252661

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 少年サンデーコミックス

  • この対戦は烈火が勝利しましたが、私は紅麗も勝利したと…
    対等であったと感じました。
    陽炎が時空流離の影響で年齢を重ねる事と不死の身体となったと
    紅麗が知り、これで彼が義母に対する見方が変わったのではないでしょうか…。

    大会終了後に初めて安堵の表情を見せた紅麗に、
    思いがけない事が…。
    烈火に比べて、何故彼がこんなにも苦しまないといけないのでしょか…。
    音遠が咄嗟に助けましたが、生きていると信じています。

  • 3/9

  • 安西信行

  • ゆーはくのパクリがなんじゃい。
    裏ぶとー殺陣で人気が出てからがヤマです。
    ちなみに16巻チョイスはとてもとても好きだからです。
    表紙と中身と絵が。
    ホント、安西先生は烈火やりながらめきめき絵がうまくなりました。

  • 16巻は烈火の中でも一番好きな巻です。烈火と紅麗の勝負がつく話がメインですね。紅麗が烈火と比べてちょっと、いやかなり悲惨だと思いました。これで信頼できる人がまるでいなかったら、本当に救いようがないキャラになっていたような……。ラストはどうなんでしょうね〜。納得できない人も結構いるみたいですが、私は良かったと思います。
    ちなみに最終巻の限定版にはストラップがついてきました。予約して買ったのをよく覚えています。

  • この表紙一番かっちょええな。
    MARよりは烈火のが絵が素敵。

全9件中 1 - 9件を表示

安西信行の作品

ツイートする
×