焼きたて!!ジャぱん (1) (少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.42
  • (62)
  • (61)
  • (294)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 763
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091263919

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔集めて読んでいた漫画です。
    結局、最後どうなったのか知らないんだよなあ。
    初期の雰囲気が好きでした(^^)

  •  現在アニメになっているようです。少年サンデー連載です。たまたま読むことになったマンガです。
     内容は単純なもの。「太陽の手」と呼ばれる生地をこねているだけでイースト菌が発酵してしまうパンづくりに最適な手をもって生まれた農家の息子の主人公が、東京に出てきてパン職人として、日本が自慢できるパン、ジャぱんをつくろうとがんばる話。「ミスター味っ子」とか思い出します。でも、絵は普通にうまいし、女の子かわいいし、私自身パン好きなので、読みやすいものでした。

  • 電子無料。太陽の手を持つ少年がパン職人に成長していく…のかな?周りから好かれるわかりやすく素直で明るい主人公でした。

  • 「イギリスパン・ドイツパン・フランスパンはあれど、ジャぱんはない!! だったら、創ってやるぜ!」(裏表紙より)

    衒うことなく真っ直ぐに。東和馬が照準を合わせる目標は、ただ一点、ジャぱんの完成のみ。幼少時の町のパン職人との出会いを機に、努力を重ねて来たジャぱんの試作品は55号にまで及ぶ。

    そういう想いを持ち続ける精神的な強さこそが、彼のパン職人としての一番の武器なのだろう。

    僕も無心で何かに打ち込みたい。大人になるに連れて切実で純粋な想いがどんどん失われている気がする。取り戻そう。

  • 週刊少年サンデーに連載された、橋口たかしの出世作。少年少女によるパン焼きバトルという、ちょっと変わったテーマが注目を集めた。ただ、少年漫画のお約束というか、5巻くらいまでは本当に面白かったんだけど、だんだんマンネリ化してしまった…。アニメ化等のメディアミックス展開多数。2003年度小学館漫画賞(少年向け部門)受賞作品。少年サンデーコミックス全26巻。

  • 絵は上手いしキャラは可愛いしで橋口たかし自身は嫌いではない。しかしながら,モナコカップ前くらいでやめときゃよかったところを,いやまだモナコカップは許せるとしても「焼きたて!!25」はあまりにもしつこかった。
    ただグルメ漫画,しかもバトルものにありがちな長ったらしさとしつこい蘊蓄がなく,それ以上に「リアクション」というあり得ないアクションを取らせる,いわばギャグ漫画であったところが,この漫画のせめてもの救いではなかろうか。
    一気に読み返してみたが,やはり面白いのは面白かった。

  • 絵がすごく上手い
    パンについての知識をギャグたっぷりでおもしろくよめます
    わたしがいちばん印象深いのは黒柳のクロワッサンのリアクション
    ちょこちょこ出てくるキッドもツボ笑

  • 全26巻 完結

  • すごくパンが食べたくなる。が、マンガとして面白いかは別な気がした。

  • 基本的にギャグ漫画なんだけど、パンの知識が増える。

    とりあえず1巻を読むとカレーパンとクロワッサンとフランスパンがすっごく食べたくなる。
    パンを見るとわくわくするきっかけになった漫画です。

全90件中 1 - 10件を表示

焼きたて!!ジャぱん (1) (少年サンデーコミックス)のその他の作品

橋口たかしの作品

焼きたて!!ジャぱん (1) (少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする