MAR (1) 少年サンデーコミックス

著者 :
  • 小学館
3.28
  • (42)
  • (36)
  • (226)
  • (16)
  • (7)
本棚登録 : 668
感想 : 50
  • Amazon.co.jp ・マンガ (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091264411

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一瞬で話が解決する笑小学生ならみんな好き

  • WHFでゲットしたカード(通常アームリング)とのセット豆本

  • 初めて買った漫画。

  • 【全15巻 2003年】
    メルヘンの国に憧れていた普通の中学2年生虎水ギンタは、「門番ピエロ」と呼ばれるÄRMの力で異世界、メルヘヴンへ召喚された。
    この世界では、ÄRMという魔法のアクセサリーが存在し、それを使用することによって、使用者に力を与えることができる。
    メルヘヴンに来たギンタは「バッボ」という生きたÄRMと出会い、仲間たちと出会い、共に戦闘集団「チェスの兵隊(コマ)」に立ち向かう。

  • 笑える。泣ける。萌える。大好きです。
    本編はもちろんですが、それぞれのキャラの話もまた面白いです。
    あとずっと読んでるとだんだん二次元へ行けるんじゃないかと錯覚しだします笑。

  • バトル漫画らしいバトル漫画でした。読みやすく一気に読めました。内容がありきたりだったかなと思います。小、中学生は楽しめると思います。

  • ナナシとガリアンが大好きでした・・・!

  • 大好きな作品です。
    名前だけは知っていて、サンデーを読んでアルヴィスが好きになり
    単行本を一気に揃えてしまいました(笑

    大好きでMARばっかり考えている時期がありました
    単行本、カード、グッズなどでかなり散財した記憶が…\(^o^)/


    絵はかなり変わっていきます。(烈火の炎ほどではないですがw
    絵柄だと個人的には7〜9巻辺りが好きです。
    ラストにかけて時々荒くなることが出てきた気がします。

    終盤の内容がスカスカ…という訳でもなかったと思います。
    他の方のレビューが厳しいのか
    MAR好きの私が甘いのかw

  • 全巻読了。
    今更な追加ですが。
    烈火の炎を読んでから読み始めました。
    世界観とかアクセサリーが武器になるっていう発想とかが好きです。

  • きれい系の絵なので女性にも見やすいと思います。低年齢向けですが多少のポロリと流血はあり。ひねった設定や展開等は少なく解りやすいバトルをメインに、隙間でストーリーが進みます。登場人物と対象読者の年齢を下げたブリーチといったかんじでしょうか。好きキャラがかっこよく戦うのを楽しみに読めば非常に楽しめるかと。
    読み終わってみれば割と解りやすいストーリーですので、作者が好きとか絵が好きとかキャラ萌えがないと二度三度読み返すのには向かないと思います。色々書きましたが、アルヴィスがかわいいので何でもいいです。

全50件中 1 - 10件を表示

安西信行の作品

ツイートする
×