からかい上手の高木さん (3) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
3.94
  • (25)
  • (44)
  • (29)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 409
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091266507

作品紹介・あらすじ

話題のからかい系女子!

大好評のからかいラブコメ第3巻!
今までは「ドキッ」だったけど
今回はちょっと多めの…「ドキドキッ」!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高木さんもめちゃんこかわいいんだけど、うぶな西片君もかわいいんですよね~~
    あぁ~永遠にこのお話が続いて、自分も永遠に生きて、そんで永遠に追っかけていたい~てお話です。

    2人はきっと結ばれるんだろうなぁ~でも、ずっと西片君はからかわれるんだろうなぁ…と妄想がはかどります。

  • ダンディのマネをしている時の、眉毛が上に上がった顔の高木さんがお気に入り。

  • 高木さんは健康な色気がさらにパワーアップ。西片君は「男の子」と「青年」の狭間で行ったり来たり。それが高木さんには可愛くて、からかいたくなってしまう。西片君はますますどぎまぎ。

    この巻でも背比べ、逆上がり、脇腹くすぐりといった、子供だったら何気ないやりとりの中から、大人へ向かって日々成長する二人の微妙な差が浮かび上がる。毎度のことながら、この作者、目の付け所が絶妙だ。

    最後のエピソードは同じ学年の女の子たちに、帰り道の二人が尾行される、というもの。高木さんは尾行を煙に巻く。なぜ、と不思議がる西片君。新しい展開となるのか。

  • 登下校のときに西片に会うと嬉しそうな高木さん。
    高木さんは変わらず西片にからかいアプローチをし、西片は策を練るも連戦連敗。

    ついに席替えの時期。
    西片の隣じゃなくなることを寂しがる高木さんの表情がすごく良いです!!
    高木さんは西片のことが好きだけど、席が離れたらどういう関係になるのだろうか。登下校は一緒に帰れるだろうけど。
    そして中井・真野カップルのおかげでまた隣同士になれたときの高木さんの笑顔、楽しそうで青春感じる!

    鉄棒逆上がりの回は、西片が正直に負けを認める点も素直で良いし、その後の高木さんの「エッチ。」て言うときの表情がすごく良い。何が良いか説明できないけど、すごい良い表情。

    わきを突っつき合っていちゃつく高木さんと西片。罰ゲーム「一生お米食べちゃダメ」に対して、素直に「キッツーー!!」と真に受ける西片可愛いなww

    三人組の恋愛に憧れる女子の二人乗りに憧れるけど、歩いた方が一緒にいられる時間が長いから難しいところ」という発言内容とそのときの表情も可愛いね。

    おまけの好意の対象のすれ違いは哀しい・・・。

  • ワイもこんな青春したかった…

  • この漫画を読む度に僕は発狂するほど高木さんの可愛さに狂い悶えると同時に
    自分の席の隣の状況を思い返しただただ絶望するばかりです。
    嗚呼...西片くんが羨ましい、高木さんを隣の席に持ってきてくれるなら僕は死んでもいいです。
    もう高木さんが可愛すぎる...
    席替えのくだりなんて声出るくらいですよ...
    核爆弾級の衝撃でした。

  • この高木さんと西片くんの距離感といいますか空気感がたまらなくよくて好きです。
    ずっと続いてほしい漫画。
    席替えのエピソードでちょっとホロリ。

  • 今巻は高木さんがけっこう
    ぐいぐいきてる気がする(笑)

    そして、
    小悪魔っぷりがあがってるな。


    やられっぱなしの西片くんには悪いが、
    このままやられっぱなしでいて欲しい(笑)

  • いやさあ、これもう付き合ってるでしょ。告白というプロセスが欠落してるだけで。

    そういう意味で、ユカリちゃんは正しい。

    なお、最後のおまけに全部持っていかれたもよう。あれ続くの? 続いてほしい。気になる…。

  • 逆上がりの回の「エッチ。」が最高でした

全27件中 1 - 10件を表示

からかい上手の高木さん (3) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)のその他の作品

山本崇一朗の作品

からかい上手の高木さん (3) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする