からかい上手の高木さん (3) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
3.94
  • (25)
  • (44)
  • (29)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 409
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091266507

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ダンディのマネをしている時の、眉毛が上に上がった顔の高木さんがお気に入り。

  • 高木さんは健康な色気がさらにパワーアップ。西片君は「男の子」と「青年」の狭間で行ったり来たり。それが高木さんには可愛くて、からかいたくなってしまう。西片君はますますどぎまぎ。

    この巻でも背比べ、逆上がり、脇腹くすぐりといった、子供だったら何気ないやりとりの中から、大人へ向かって日々成長する二人の微妙な差が浮かび上がる。毎度のことながら、この作者、目の付け所が絶妙だ。

    最後のエピソードは同じ学年の女の子たちに、帰り道の二人が尾行される、というもの。高木さんは尾行を煙に巻く。なぜ、と不思議がる西片君。新しい展開となるのか。

  • 登下校のときに西片に会うと嬉しそうな高木さん。
    高木さんは変わらず西片にからかいアプローチをし、西片は策を練るも連戦連敗。

    ついに席替えの時期。
    西片の隣じゃなくなることを寂しがる高木さんの表情がすごく良いです!!
    高木さんは西片のことが好きだけど、席が離れたらどういう関係になるのだろうか。登下校は一緒に帰れるだろうけど。
    そして中井・真野カップルのおかげでまた隣同士になれたときの高木さんの笑顔、楽しそうで青春感じる!

    鉄棒逆上がりの回は、西片が正直に負けを認める点も素直で良いし、その後の高木さんの「エッチ。」て言うときの表情がすごく良い。何が良いか説明できないけど、すごい良い表情。

    わきを突っつき合っていちゃつく高木さんと西片。罰ゲーム「一生お米食べちゃダメ」に対して、素直に「キッツーー!!」と真に受ける西片可愛いなww

    三人組の恋愛に憧れる女子の二人乗りに憧れるけど、歩いた方が一緒にいられる時間が長いから難しいところ」という発言内容とそのときの表情も可愛いね。

    おまけの好意の対象のすれ違いは哀しい・・・。

  • ワイもこんな青春したかった…

  • 今巻は高木さんがけっこう
    ぐいぐいきてる気がする(笑)

    そして、
    小悪魔っぷりがあがってるな。


    やられっぱなしの西片くんには悪いが、
    このままやられっぱなしでいて欲しい(笑)

  • 逆上がりの回の「エッチ。」が最高でした

  • あいからわずおもしろい!よくネタがつきないな。
    3巻では「わき腹」のエピソードがおもしろかった!この年齢の時は女子にふれること自体が気恥ずかしくてたまらなかった。姉でもいれば違ったのかもしれないけど、そうでもないと無理だ!西片君の気持ち、よくわかるな~。こういう気持ちに共感しやすいところも人気の源の一つになってるのかも。巻末にきになる別人物のお話があって、そちらもきになる。目が離せないな!

  • もう2人ともかわいい‼︎かわいすぎる‼︎

  • やっぱり良い所を攻めてくる。
    特に席替えの話とか、もう何か色々こー、もー。
    と、言葉にならない感じになりつつ、
    季節は過ぎてゆく訳です。
    衣替えもあったり、この調子で学年が上がったりするのですかね。
    クラス替えとかどうなっちゃう事やら、あるかどうかも分からないのに楽しみであります。

  • 可愛くみせるのも当然計算のうち。酷いことしてるなんてこれっぽっちも思っちゃいない。むしろご褒美でしょ?w

からかい上手の高木さん (3) (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)のその他の作品

山本崇一朗の作品

ツイートする