カメントツの漫画ならず道 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091276179

作品紹介・あらすじ

仮面漫画家カメントツが行く漫画裏道表道!

あだち充、青山剛昌、西原理恵子に、のむらしんぼ!
漫画界のレジェンドに傍若無人に突入したかと思いきや、
返す刀で、印刷所や製本所などなど、
まさに漫画本ができる最前線に潜入取材。

漫画界のあれやこれやに、噂の仮面漫画家、
カメントツが挑む「漫画ルポ漫画」第1巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者の目線があんまり好きじゃない

  • この本は漫画家さんや、印刷工場、雑誌の編集部に取材に行って見聞きしたことが面白おかしく描かれたルポ漫画です。
    社会科見学のような雰囲気があって微笑ましい。

    取り上げられているテーマが懐かしかったりして、読んでいて楽しかった。
    (おそらく20代後半〜30代前半の特に男の人には共感できる所がたくさんあるはず。)

    取材に行っている漫画家さんがとても豪華です。(西原理恵子先生、あだち充先生、青山剛昌先生など)
    豪華すぎてウェブ漫画時代から読んでた人間からすると、「でっかくなったなぁ…カメントツさん…」と思ったりします。

    「そんなこときいちゃうのっ?!」って言うようなことも聞いてしまうところが好き。
    普通に読んでた“読者の疑問"だけど作者には聞かないだろってところにも踏み込んでしまうから、ふざけているのかと思いきや、突然真面目な話をし始める。
    その辺りのバランスがとても良い漫画だと思う。

    それにしても『つるピカハゲ丸』なんて、ものすごく久しぶりにきいた。
    小学生ぶりかな。

  • ド派手な装丁が目立つことばかり考えてるカメントツイズムに満ちていてナイス。最近の漫画にない泥臭さがあって大好き。次巻も期待。

  • こちらはゲッサンで連載されたものをまとめたもの。
    「漫画裏話」みたいなのがテーマか。
    製本や印刷所のくだりなどは知ってることだったのでやや退屈。
    西原理恵子・あだち充・青山剛昌にインタビューしてるけど、インタビューがやっぱ面白かったかな。
    特に青山さんはまた登場したりといい味出してる。
    続きも楽しみです。

全4件中 1 - 4件を表示

カメントツの漫画ならず道 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)のその他の作品

カメントツの作品

ツイートする