舞妓さんちのまかないさん (3) (少年サンデーコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
3.91
  • (14)
  • (17)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 234
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091278289

作品紹介・あらすじ

花街の舞台裏16歳のまかないさんの物語

舞妓さんを目指したものの、挫折し屋形(置屋)のまかないさんとして働くことになったキヨ。
一方、一緒に青森から上京してきた同級生・すーちゃんは、師匠から”100年に1度の逸材”と評され、華々しく舞妓「百はな」としてデビューしました。
新人舞妓としてひたむきに頑張るすみれ。けれどどんどん前に進む自分に心がついていかないときも。そんなときにすみれをささえてくれるのは、青森にいたときと変わらないキヨと、彼女の作る、毎日のごはんなのでした。

華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、
温かな人間模様が描かれるお台所物語第三巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【花街関連 覚え書きと感想などなど】

    第22話
    ・舞妓さん達はPCスマホ禁止なのかあ
    でもその方がトラブル減るもんね

    第24話
    ・福玉、河惣さんの「玄椿」でも見たような、と

    第29話
    ・芸舞妓さんの始業式だー
    百はなちゃんの「お姉さん」(花街での姉妹縁組をした芸妓さん)、百子さん初登場
    粋なおひとだ
    クロックマダムは時々作りたくなるねえ

    第30話
    ・お正月と言えば、稲穂と鳩のかんざし!

  • 花街の年末年始は、舞妓さんたちが普通の女の子に戻る貴重な期間。そっか、まだこの子たちが京都に来てから1年経ってないのか。フルーツサンドでのクリスマスとか、大吉でちょっとは中和とか、すごくやさしくて胸がほわっとなる。ミートソーススパゲティが食べたい!でも、それ飛ばしてしまうよね…

  • 生活のなかでのご飯が相変わらず美味しそうで優しくて。
    クロックマダムいいなあ美味しそう。
    コーヒーが何度か出てくるけど作者さんコーヒー好きなのかな……。
    きれいな世界のきれいなところと美味しいご飯だけの優しい世界。

  • この巻が一番好きかも

  • 出るの早くない?
    おもしろい漫画に関しては良いことなんですけどね!


    第20話・夢の1枚
    ホームベーカリーが欲しい「キヨ」ちゃん。
    お母さん的には、
    それ買うならパンを買えばいいって笑
    で、
    「百はな」ちゃんお座敷で何でも買ってくれるというお客に賭けで勝ち、
    くじ引きの補助券をGETする!
    って、
    まんまホームベーカリーをプレゼントしてもらうのかアカンのか?


    第21話・今日は何曜日?
    青森時代燃えるごみは水曜日だったんだって!
    1日だけ?
    かぐりんのところは月曜日と木曜日だよ!
    で、
    水曜日はゴミ捨て+コーヒー牛乳タイムだったせいで、
    今も水曜日はコーヒー牛乳みたいです!
    確かに、
    たまぁ~にコーヒーではなく、
    コーヒー牛乳がのみたくなることあるな!
    ちなみに、
    それが昨日だったかぐりんです!
    100ロー行ったら1リットルなくて、
    割高に500mlx2でゲットしてきました!


    第22話・おたよりを待つひと
    ケータイもパソコンもNGなんだって!
    ゆえに、
    手紙で連絡を取るのが屋形のみなさん。
    残された「健太」の話しですか。


    第23話・花街のクリスマス
    花街ではクリスマスはほぼほぼ関係ない感じ。
    クリスマスが関係ないのであれば、
    ハロウィンなんてもっと関係なんでしょうね。
    で、
    ケーキの差し入れなんかでクリスマスを感じるのですが、
    「百はな」ちゃんもらえず、
    「キヨ」がフルーツサンドで代用!
    フルーツサンド!
    ちょっと食べたくなってきたけどどこに行けば食べれるんだ?!


    第24話・花街の大みそか
    福玉だって!
    知らない文化ですよね。


    第25話・帰郷1日目
    もう、
    帰ってるよ青森に!
    で、
    雪かきなう。。。
    大変なんだろうねぇー。


    第26話・初詣へ
    イギリストースト?!
    めしばなで出てきそう笑
    ちょっと食べてみたいね。
    つか、
    ちっちゃい頃っておみくじ競ってたよね。
    凶ばっかり引くやつとかいたなぁー。
    なつかしい。
    つか、
    「健太」も「百はな(すーちゃん)」も「キヨ」には優しいのな!


    第27話・再び京都へ
    まだ京都に戻ってきててもお休み中。
    髪もほどいて普通の女の子なう。
    って、
    ことで普段いけないファーストフードのお店、きっとマクドナルドなう!
    ちなみに、
    今日はチェルシー飲んでくる予定です笑


    第28話・仕事始めの日
    もう、
    仕事始め!
    初日はいろいろ忙しいんだろうなーってやつ。
    でも、
    みなさんもうプロですからね。
    しっかりしてますわ。


    第29話・始業式
    始業式ってものがあるんですな。
    知らん文化だ。


    第30話・白い鳩
    舞妓さんのかんざしって季節やイベントでかわるみたいで、
    1月の15日までは稲穂と鳩なんだって。
    で、
    稲穂は商売繁盛、
    鳩は目がなくって、
    憧れの人に目を書いてもらうと願いが叶うそうです!
    「百なは」のにはまだ目がなくて、
    誰に書いてもらったかって「キヨ」ちゃんかい笑


    余ったコーヒーに、
    ゼラチンと砂糖でコーヒーゼリーって簡単にできるの?
    ちょっと試したいわな!

全6件中 1 - 6件を表示

舞妓さんちのまかないさん (3) (少年サンデーコミックススペシャル)のその他の作品

小山愛子の作品

舞妓さんちのまかないさん (3) (少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする