からかい上手の高木さん (11) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.88
  • (6)
  • (12)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091292872

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なにも終わっちゃいない!なにも終わっちゃいないんだ!!俺にとってからかいは続いたままなんだ!漫画には青春ってもんがあった。からかいからかわれあっていた。それが現実に戻ってみれば、現実じゃ何もねぇんだ…畜生…みんなどこ行ったんだ…クソ…
    漫画には西片がいた。からかわれ上手のいい奴だった。
あっちじゃ高木さんのからかいもあった。
    それなのにどうだ? ここには何もねえ…何もねぇんだ…帰ってくるんじゃなかった…ずっとからかわれたかった、西片みたいに…。
    だけど、もう引き返せないとこまで来ちまったんだ。こんな青春なんて無かったんだよぉ…。夢を見るんだ…高木さんにからかわれた時の夢を
    西片ぁ、俺もう終わっちゃったのかな?バカヤロー、まだ始まっちゃいねぇよ

  • もう11冊めか、安定の面白さなんすよね。
    おでこ最高っす

  • ニヤニヤが止まらない。


    それにしても高木さんは最初に比べて
    けっこうガンガンくるようになったな。

    西片が陥落するのも時間の問題(笑)

  • 癒される

  • 西片が、彼の将来を予言するかのような役回りを演じることとなる「持ちもの検査」、高木さんと2人っきりで過ごすお昼休みの様子を描いた「図書委員」と「編み物」、高木さんが微妙な女心(?)をのぞかせる「嫉妬」など 今巻も珠玉の9編を収録!(Amazon紹介より)

  • ここ数巻で高木さんの攻撃力が上がってきている…?
    一緒に図書委員やりたい人生だった。

  • 「じゃあ、
     交換して確かめてみる?」

    ふははははははははははははは(もう笑い声しか出ない)
    あ、ゲッサン今月(8月)号の「ユカリちゃん」でこの巻冒頭の衣替え話やってますよ。

  • ・衣替え
    かぐりんはまだ長袖。
    まだ寒いですよね。
    今もシャツ一枚でお部屋にいますがやや寒い。
    ペットはこたつで暖まってもらってます。
    で、
    衣替え!
    タイミングが難しい!
    ちなみに、
    高木さんはどうやって暖めてもらいたかったんでしょうね?
    と、
    なんで、
    幽遊白書を思い出したのは何ででしょうねかぐりん。


    ・持ちもの検査
    そのうち先生になる西片は勉強になったか?
    と、
    「うむ」ってところが西片と同じ発想をしてたかぐりんヤバイ!
    ちなみに、
    昔体操着着てなかった?
    ジャージなら大丈夫じゃない?
    と、
    思うのはかぐりんだけでしょうか?


    ・あっちむいてほい
    これ、
    ひっかかるか?
    と、
    なぜかかぐりんは天然でこれ得意!
    それと、
    100%片思いってどんな漫画なんでしょう?
    だって、
    100%なんだよ片思いが!
    嫌でしょう!


    ・日焼け
    ここまで日に焼けることってもうないね。
    暑いの嫌ですもん!
    と、
    素直にそう言えばいいのに西片!
    と、
    思いませんか?
    中学生じゃ無理かな?かな?


    ・うちわ
    これは読めるでしょう!
    つか、
    余計に暑くなるよねぇ。。。


    ・アメ
    開けるときにばれなかったのかな?
    と、
    ぜひぜひ、
    交換して欲しいですね!
    絶対に、
    高木さんだって恥ずかしいはずだ!


    ・図書委員
    恐竜!
    そこから、
    爬虫類に目覚めて、
    ちーが爬虫類大好きっこになるように頑張って欲しい!
    と、
    高木さんこれ何度目の告白ですか?
    そろそろ、
    本当の言ってみませんか?


    ・編み物
    15歳って結構なお歳ですよね。。。
    つか、
    そろそろちゃんと認めようぜ西片!
    高木さんが好きだーって!


    ・嫉妬
    真野ちゃんのこういうことろはかわいいです!
    普段は、
    きっとめんどくさいだけの女の子だと思うけど。

  • 山本崇一朗氏の『からかい上手の高木さん 』の11巻を読んでみた。 やっぱ高木さんの西片へのからかい方は可愛いなー。甘酸っぱいなー。

  • 漫画喫茶で読みました。
    この巻、高木さんがわりとギリギリを攻めてくる。
    西片が対応を誤って済し崩し的に両想いが発覚するのを狙ってるようにも見える。
    巻末のバレンタインの話って以前も別の巻で読んだ気がするのだけど・・・いや、流石にまさかね。

    図書の先生は左利き。

    図鑑のティラノサウルスは古い形状だね。
    今は尻尾は地面に付けていなかった(尻尾で身体を支えているワケではなかった)というのが主流だし、羽毛も生えてたかもとされている。
    戦隊モノだとキョウリュウジャー以降がこのタイプ、それ以前は図鑑と同じタイプになってる。
    戦隊モノが50周年・60周年くらいになったとき、その頃の子供たちには過去の恐竜戦隊のレッドメカのモチーフが何なのか分からないかもしれないね。

全12件中 1 - 10件を表示

からかい上手の高木さん (11) (ゲッサン少年サンデーコミックス)のその他の作品

山本崇一朗の作品

からかい上手の高木さん (11) (ゲッサン少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする