アオイホノオ (21) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.25
  • (7)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091293466

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『超時空要塞マクロス』の時代到来!
    高校生の頃、『ヤマト』『ガンダム』に続く
    「第三の波」として登場したマクロスの衝撃が
    昨日のことのように甦ります。そうそうこんなだった!
    庵野さんたち、南さん、そして島本さんら、
    それぞれの立場でその「時代」に立ち会った人々が、
    今もなおそれぞれのポジションで活躍されていることを
    思うと、改めて感慨深いです。
    マンガ的には、大好きだった『風の戦士ダン』の裏側が
    見られることに興奮。次はいよいよ『炎の転校生』か!?

  • マクロスのとこ めっちゃ感情移入できます!!(笑)
    模型のとこも(笑)

  • 若者は本当に
    大事な時間、大事な時期を
    惜しげもなく平気で失っていく‼︎
    やらなければならないことよりも
    やりたいことを優先して生きているからだ‼︎

  • 数年前まで同じキャンパスにいたガイナ3人組がついにTVアニメに関わる。
    それを素直に喜べずとも嫉妬と衝撃を胸に戦う男として描き続けるホノオくん。
    素晴らしいものには同級生の作品とか関わらずほめてすぐさまおもちゃも手にいれる南。
    それぞれの生き様がそのまま年月を立って庵野達は作品を作り続けてるし、南さんはボンズの社長として素晴らしいものに投資して作品を出していく。ホノオくんはその生き様をこうして漫画として読者に伝えてきてくれる。
    ダイコン発表後個人的にこれ以上の盛り上がりはないと思っていたが着実に熱が上がってきてまだまだ大きな山が来そうで楽しみだ。

  • 山賀さんのダークホース感。
    エロいものを描きたい、と言う我々のモチベーションとはやっぱ違うんだなー。など。

  • 「本谷有希子 / ほんたにちゃん」と逆ベクトルかつ等エネルギーが爆発してるような強烈な漫画。88Pは読んでて悲鳴をあげそうになった。

全6件中 1 - 6件を表示

アオイホノオ (21) (ゲッサン少年サンデーコミックス)のその他の作品

島本和彦の作品

ツイートする