舞妓さんちのまかないさん (11) (少年サンデーコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
4.11
  • (6)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 125
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091293893

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メニューはありふれたものだけど、そういうのが美味しいんだよね( ´∀`)

  • おかあさんが巻を追うごとにかわいらしくなっていく。誰かの役に立つってうれしい。うれしかったらありがとうって伝えたいな。キヨとすみれの相思相愛っぷりがすごかった。健太も夏に西へおいで。

  • 英会話にカラオケのデュエット曲練習に、百はなは研鑽を欠かさず。キヨはそんな百はなの様子を見て、ここぞという時にサポート、と。あまりの行列に甘味を断念したおかみさんが、キヨさんの、あずき炊いてますに
    ものすごく反応したシーンがツボ。

  • 第108話・頼ってくれたら
    外国人のお客様は辛いなぁ。。。
    かぐりんは断ってます!
    まぁ、
    しっかりコミュニケーション取れないとアカン占いは、
    外国人さんは無理!
    舞妓さんも無理じゃない?
    しかも、
    16歳とかでしょう?
    厳しいわぁー!
    ちなみに、
    ジャムは紙です!
    ジャムって瓶のイメージありますが、かぐりんは紙です!


    第109話・この時季のお仕事
    すまん!
    おっさんが素手で握ったおにぎりはいらんが、
    キヨちゃんが握ったのは食べたいと思ってしまうのは変態か?
    ちなみに、
    そうめんって巻いたり束ねたりするのって難しくない?
    なんで、
    あんなに簡単そうなの?
    何かコツがある?


    第110話・キヨさん、聞いて
    もう、
    キヨさんお母さんですよね。。。
    ちなみに、
    春巻きはセブニレブンが美味しくないですか?


    第111話・すーちゃんの帰る場所
    ゾンビ!
    と、
    寝たら起きない舞妓って。。。
    つか、
    冷蔵庫の前で正座で寝れるか?


    第112話・夏の準備
    あぁー。
    おしろいなぁー。
    昔の舞妓さんってどうしてたんでしょう?
    今は、
    日焼け止めあるけど、
    ない時代の舞妓さんってどうしてたんでしょう?
    と、
    SPFって高ければいいもんじゃないの?
    使わんから知らん!


    第113話・風邪のときに
    そうそう!
    偽名使いすぎてると本名忘れる!
    舞妓さんもそうなんやね!
    風邪の時はゼリーか!
    かぐりんは白桃派です!!


    第114話・二人の道のり
    おかゆもあんまりすきじゃないのに、
    貝柱って。。。
    アカンわぁー。
    相思相愛!
    そういうもんですかね?


    第115話・久しぶりのあれ
    パンの耳ラスク!
    美味しいよね!
    ちょっと、
    ざらざらしたお砂糖で作ってて欲しい!


    第116話・キヨちゃんのお台所
    誰かと思ったらおばちゃんか!
    って、
    誰でしょう!
    つか、
    もう1年経ったんですねぇー。
    早い!
    と、
    たわし屋さんってあるの?
    やっていけるの?
    大丈夫なの?
    ちょっとお茶たてるみたいなそのたわし気になる!


    第117話・この街に住むと
    つまり、
    インスタ映え迷惑ってやつか!
    ぜんざい!
    お餅!
    最強やな!

    あずきの缶詰を温めるだけでいけるかな?
    調理必要かな?
    作りたい!


    第118話・百ももの公休日
    あぁー。
    カラオケで練習!
    どっかのスナックの女の子を思い出すわぁー。


    おまけ
    水無月ってお菓子?
    美味しいの?
    和菓子屋さんで売ってる?
    でも、
    来年まで覚えていられる自信はない!

  • 何気におかあさんいいキャラだよね。多分若いし。

全5件中 1 - 5件を表示

舞妓さんちのまかないさん (11) (少年サンデーコミックススペシャル)のその他の作品

小山愛子の作品

舞妓さんちのまかないさん (11) (少年サンデーコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする