僕の初恋をキミに捧ぐ 1 (フラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.56
  • (91)
  • (80)
  • (221)
  • (14)
  • (8)
本棚登録 : 780
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091302458

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 無料アプリ。生きるか死ぬかみたいな漫画は気持ちがどよーんとするから苦手だしと思って敬遠していたんだけど、この作者さんのカノジョは嘘を愛しすぎてるにバカみたいにハマったので、作者さんを信じて読んでみることにした。小学生の頃から結婚の約束をしてた繭と逞。逞は心臓病で20歳まで生きられないという。逞も知らない事実を知ってしまった時の繭。自分のお父さんが嘘つく時に笑うんだって知った時のコマがなんか衝撃的だった。1巻はほとんどが小学生の頃のエピソード。なんかプロローグくらいにしか思わなかった。きっと2巻からより面白くなるんでしょう。

  • 電子無料。映画化していたので一度読んでみたいな~と思ってました。繭ちゃん強くて可愛いな。面白くなりそうだけど、基本的には「どちらかの命が~っ」ていう恋愛ものは設定的にズルいと思ってしまう(笑)

  • 電子書籍のサンプルにてはまった。感動物語。

  • 全12巻読了。

  • 2010年読了。全12巻完結。

  • 死にネタにはワリと弱いので、最終巻あたりはうるっと来た。でも号泣までは行かなかったのは、アタシのオトメゴコロが枯れ果てたからだろうか。逞の想いが切ないのは当たり前なんだが、昂サマが可哀想すぎる。

  • なんかもう、この一冊でお腹いっぱいになる、くらいまとまってる

  • 感動する( T_T)\(^-^ )
    立ち読みしたら、涙が…

  • 主人公(逞)とヒロイン(繭)の出会いというか幼少期の話。
    「僕の人生にはタイムリミットがある」というページと今後の予告みたいなページと表紙が成長した二人であるところから推測するに、恐らくこのまま成長して好きだけど離れなきゃ的な葛藤を繰り返してラストを迎えるのだろうなと予想できる感じです。違っていると良いのだけれど。

    とりあえずヒロインの繭が強くて良いです。
    わずか8歳でパパの笑顔の意味を知ってしまうとは…。

  • 全12巻 完結

全89件中 1 - 10件を表示

僕の初恋をキミに捧ぐ 1 (フラワーコミックス)のその他の作品

青木琴美の作品

僕の初恋をキミに捧ぐ 1 (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする