吉田秋生the best selection (フラワーコミックス)

著者 : 吉田秋生
  • 小学館 (2007年12月発売)
3.54
  • (5)
  • (14)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :108
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091314093

吉田秋生the best selection (フラワーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2010年2月4日読了。

    一時期ハマりにハマってた吉田秋生さんのベスト。懐かしくて購入。
    ほとんど読んだ話だったけど、もう手元にないものばかりで新鮮でした。

    昔から好きだった話。
    「十三夜荘奇談」ゴキくんが本当に良い味。
    「ジュリエットの海」男の子の幼なじみってこんななんだろうね。

    この2作は記憶にないんだけど、絵は見覚えあるなぁ。忘れてるだけかな。
    「Fly Boy, in the sky」人は飛べるんだなぁ。「BANANA FISH」の原点らしい。
    「風の歌うたい」こっちも虫。こういう世界が全部素敵。

  • 「夏の終わりに」
    別冊少女コミック1978年9月号

    って書いてあるけど、今だったら、吉田秋生はこれ描かないと思う。
    ちょうどいま起きてる騒動を見ても分かるけど、この年齢設定で恋愛って有り得ないから。

  • 『BANANAFISH』の英二が伊部と渡米する前の短編「Fly boy,in the sky」収録。「ジュリエットの海」も収録。

  • 半分くらいは読んでいるけど、半分は未読だったので買いました。私は今の吉田秋生の作品の方がより好きですが、この方の奥深さははんぱない感じ。進化する吉田秋生にますます期待しています。

  • 本屋で偶然見かけて買った、往年の短編集。

    なつかしさもあるが、やはり良い。
    名作とかいうような大袈裟なものではないが、本人も楽しんで描いたであろうと感じられ、ニマッとしてしまう。

    <収録作品>

    Fly boy,In the sky

    十三夜荘奇談

    ジュリエットの海

    風の歌うたい

    夢みる頃をすぎても

    夏の終わりに・・・


    ボクは、「風の歌うたい」や「十三夜荘奇談」が好きだった。

  • 最後の鳩子さんを巡るお話は、オチにびっくりした。

  • Fly boys 〜読みたさに買った。
    やっぱりどれを読んでも最高!

全7件中 1 - 7件を表示

吉田秋生の作品

吉田秋生the best selection (フラワーコミックス)はこんなマンガです

ツイートする