坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.06
  • (406)
  • (415)
  • (290)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 2896
レビュー : 289
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091316707

作品紹介・あらすじ

小玉ユキが描く、JAZZと恋と友情物語

1966年初夏、横須賀(よこすか)から地方の高校へ転入した薫(かおる)。幼い頃から転校の繰り返しで、薫にとって学校は苦しいだけの場所になっていた。ところが転入初日、とんでもない男と出会い、薫の高校生活が意外な方向へ変わり始め…!?
●収録作品/坂道のアポロン(1)/種男

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 通院しながら細々と最後まで読みました。
    1960年代、坂の町長崎を舞台に、ジャズにかける高校生たちの青春を描いています。

    ひょろ眼鏡で医者の息子でクラシックピアノが得意なボンボン薫、
    不良っぽいハーフでガタイが良くてバンカラな千太郎、
    千太郎の幼馴染でまじめな学級委員の律子、
    色気のある年上美少女お嬢様の百合香、
    東京で学生運動に明け暮れる大学生の淳一

    レトロな雰囲気とジャズと、恋よりも友情なところ
    こういうのが青春って感じがしました。
    いいなー、1966年なんて生まれる前だけど、すごく眩しいい。

  • 舞台は1966年。この設定になにかありそう。続きが楽しみ。種男もすごく良かった。こういう短編かける人ってすごい。

  • まったくタイプの違うふうに見える薫と千太郎が九州のとある町で出会った。
    事あるごとに千太郎がすごくカワイイ(笑
    見た目は薫のが好きだけど、たぶん性格は千太郎のが好きだな、私。
    (誰も訊いてないですね、すみません。。。)
    九州の言葉が(郷里に近いこともあり)身近に感じられるのも、少し嬉しい。
    正反対に見える二人が音楽(ジャズ)を通して繋がっていく。
    今回は様子見に1巻だけ購入したけれど、この作品はすごく面白そうだ。
    2巻以降も、すぐ買おう!

    巻末の読みきり短編は、ちょっと不思議で切ないお話。
    こちらも悪くない。

    • まろんさん
      いやいや、この作品を永遠ニ馨ルさんが読んでると知ったら
      「薫と千太郎、どっちがすき?」って、絶対訊いてみたかったし♪
      私も、眼鏡男子に弱いの...
      いやいや、この作品を永遠ニ馨ルさんが読んでると知ったら
      「薫と千太郎、どっちがすき?」って、絶対訊いてみたかったし♪
      私も、眼鏡男子に弱いので、見た目は薫が好きだけど
      性格的には、いろんなものを抱えてても
      おおらかに振舞える千太郎が好きです(*^_^*)
      2012/07/13
    • 永遠ニ馨ルさん
      わぁ、外見の好みもさることながら、内面的な好みもまろんさんと一緒なんて♪
      (ますます親近感♪)
      ちょっとばかり破天荒だけれど、
      やっぱり包容...
      わぁ、外見の好みもさることながら、内面的な好みもまろんさんと一緒なんて♪
      (ますます親近感♪)
      ちょっとばかり破天荒だけれど、
      やっぱり包容力ある男の子って素敵ですよね…(*´▽`*)
      2012/07/13
  • 昭和の時代設定、自由気ままに生きているように見えてなにか裏がありそうな千太郎、幼馴染の優しくて可愛い律子。
    そして秀才で家が金持ちとして珍しがられたり陰口を言われたりして、息苦しい教室からの逃げ場を屋上に求めていた薫。
    心理描写が丁寧で引き込まれでいきます。
    作者の出身地である長崎を舞台にしているということで
    長崎という坂と海のある町の空気感が感じられとても心地よく
    不良と秀才という組み合わせは一見よくありそうでいて
    展開が少し読めず話がテンポよく進み
    千太郎のバンカラなのに優しく人のことをよく見ているところに、薫と一緒に惹かれてしまいます。

  • 女子からいいなと思う、ある意味理想の男子を書いているため、すがすがしく気持ちいい。
    なぜ1966年という年を選んだのか。気になった。
    良かったこと
    ・主役3人のキャラ。
    ・ジャズを扱っているところ。ハードバップは50年代だが、日本ではやはり66年でも熱かったのか?ビートルズのジャケットもでてきました。(HELP)
    ・方言

  • 高校生がジャズをやる話。



    少年マンガだと『ベック』みたいに音楽メインに話が進むが、少女マンガなので恋愛メインで話が進む。しかもバンド内の三角関係でゲチョグロ状態。最後は、「なめとんのか」と投げ捨てたくなるエンディング。つくづく、「女は音楽モノ書くな」と言いたい。

  • 全9巻読了。
    ジャズを通して、一生の友情の物語。
    すごくよかったです。寄り道もなくて絵もきれいで、音楽が楽しいということが伝わる。
    短編もよかったー

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ジャズを通して、一生の友情の物語。」
      読みたいと思っているのですが、図書館にないのでTSUTAYAで借りようかと思っている。ついでにマンガ...
      「ジャズを通して、一生の友情の物語。」
      読みたいと思っているのですが、図書館にないのでTSUTAYAで借りようかと思っている。ついでにマンガに出てくるジャズCDも借りたら聴きながら読める?
      2013/04/09
  • アニメがおもしろかったので、原作が読みたくなり、全巻揃えました。
    アニメの方で気になっていた描写不足もなく、むしろ知らない場面がたくさんあるので新鮮な気持ちで読めました。
    60年代という時代設定のせいか好きだった昔の少女漫画を読んでいるようでした。
    所々の巻に本編とは関係ない短編が入っていますが、こちらも今までに読んだことのない作風でおもしろかったです。
    秋にでる予定の番外編も楽しみにしています。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「60年代という時代設定」
      Jazzの話と聞いていたので、読んでみようと思っていたのですが、、、60年代!とっても気になります。早く読みたく...
      「60年代という時代設定」
      Jazzの話と聞いていたので、読んでみようと思っていたのですが、、、60年代!とっても気になります。早く読みたくなりました。
      2013/06/19
  • 息子ご推薦で読みました。

    セッションがはじまるところでドキドキわくわく^^

  • 地方都市を舞台に、ジャズを通じて繋がる高校生たちの青春物語。

    前々から本屋のポップとかで気にはなっていた作品でしたが、
    今回のアニメ化を期にとりあえず1巻を買ってみたら、
    どっぷりハマってしまいました。久しぶりに心を持ってかれた。

    その本屋のポップが個人的に名文句だったので引用します。
    最後の一言がこのシリーズを象徴しているような気がします。


    1960年代、地方の街。
    音楽と、友達と、気になるあの子。
    不思議なことは何もない。

    けれどそれは―――
    目が眩むほどの、青春。

全289件中 1 - 10件を表示

坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)のその他の作品

小玉ユキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オノ・ナツメ
日丸屋 秀和
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)に関連する談話室の質問

この作品に関連するサイト

坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする