女王の花 1 (フラワーコミックス)

  • 小学館
4.02
  • (123)
  • (138)
  • (90)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 1031
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091320094

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全巻読み終えました。
    全体通して面白い、ですが矢張り少女漫画であると言う所。
    毎回覇道を進む事を決意してはやっぱり普通の女の子になって好きな男の子と一緒になりたいと悩むの繰り返し。
    中〜後半も、え?この程度で逆転出来るの?と思うシーンも多々。
    青年漫画や少年漫画の様な一度決意を決めたら絶対に揺るがない主人公、戦略や政略の描写がきっちりしている物語などを想像していると少しがっかりしてしまうかも。
    とは言え、最初にも記した様に全体的には綺麗にまとまっており15巻飽きずに読める良作です。
    ラストは賛否ある様ですが、ストーリー上、物語の雰囲気や世界観などを壊さずに済むラストはあのラスト以外ないかと個人的には思います。

    少女漫画としてハッピーエンドを求めたい人には合わず、青年漫画や少年漫画の軍記物としてみると恋愛に寄り過ぎていてイマイチ。
    面白いけれど色々と惜しい作品です。

  • 全十五巻読了。

  • 亜国の姫でありながら冷遇されている亜姫。
    幼いながらも母の世話をしながら、明るく生きる亜姫はある日、金の髪と天の色の眼を持つ奴隷の少年・薄星と出会う。
    境遇の違いを超えて、強い絆で結ばれる二人だったが、その先に待っていたのは…!?

    皆様がおっしゃってるように、中華風大河ってな感じの物語です。
    やっぱそうなっちゃうわね~ってな終わり方ではあるけども、曖昧な終わり方でもあるな。
    私的には、面白いけど、入り込むほどの面白さではありませんでした。

    主人公2人より何より青徹が大好きです。

  • 14巻まで読了。
    国を追われた少女が玉座を奪還すべく奮闘する物語。
    キャラクターも魅力的でストーリーも面白いのに、まだアニメ化されていないのが不思議。

  • 二の姫物語、すごく大好きで、いつか後世の物語が出たらいいなあなんて思っていたけど、こんなところで繋がっていたなんて…!

  • やはり、上手い。

  • 歴史/ファンタジー
    16.10.06 14巻up

    1-14巻 続

  • これは一つの歴史。一人の少女が刻み付けた大きな歴史。

  • この作者は現代モノより好きな歴史モノを書かせていた方が圧倒的におもしろい!
    ただ、もうクライマックスに進んでいると思いきや、作者曰くまだまだらしいのでうーむ。といったところ。
    だらだらとは続けてほしくはないな。

  • 一巻から面白い!

    小野不由美さんの「十二国記」のような雰囲気が好き。

    亜姫はこれからどのように進むのか。胡人の薄星とずっと一緒に居られるのか…

    気になる気になる!

全90件中 1 - 10件を表示

女王の花 1 (フラワーコミックス)のその他の作品

和泉かねよしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女王の花 1 (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする