黎明のアルカナ 1 (フラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.63
  • (59)
  • (118)
  • (109)
  • (23)
  • (7)
本棚登録 : 1046
レビュー : 87
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091323644

作品紹介・あらすじ

王家の娘・ナカバは、顔も見たことのない敵国の王子・シーザの元へ、たった1人の従者・ロキを連れ、人質として嫁ぐことに。
王子シーザは、華麗な外見とは裏腹に、強引でわがままな性格。しかも、愛人までいる始末。
「お前は俺(おれ)の所有物だ」
形だけの婚姻となるはずが、ナカバの「ある力」のせいで、従者とも引き離され、無理矢理に…? ロマンスファンタジー第1巻!!
「口のきき方に気をつけろ お前の首をはねることなど造作もない」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • t明のアルカナ 1 (フラワーコミックス)

  • 無料アプリ。この作者さんの作品を続けざまに読んでるからか、絵がだんだん好きになってきたかもしれない。私はロキよりシーザ派。ただ姫が赤髪って設定だけはなぜか「赤髪の白雪姫」と混同してしまってたようで読み始めてすぐは混乱した。ナカバのアルカナの力がこれからどう使われるのか、シーザの意地悪だけどいい人っぽいところとか心に抱えてるものとか、ロキのナカバに対する気持ちとか気になるところは沢山。最近ファンタジーの世界観もいけることが分かったのでこれから先の展開がすごく楽しみ。

  • 大好きです

    切ない

    どうしてもこうにしかならなかったのか

    色んな人の想いが交差していて、一人一人の事を考えると胸がいっぱいになります

    ずっと胸に残るお話

  • 全巻読了
    全体を通すと少し薄くてラストが駆け足気味で物足りず。ヒロインに感情移入できなかった…伏線少しあり。絵は、可愛いんだけど白いというか簡素。メインキャラ以外の扱いが雑だったような…番外編があったら良かった
    追記:今2021/01/03となっては内容が1ミリも思い出せなくて、この漫画を読んだ時間は何だったんだ…という感じ。

  • ロキ…!。・゜・(ノД`)・゜・。
    最初はシーザの魅力が目立ってたけど後半からラストにかけてはロキにもってかれっぱなしでしたね。笑
    兄からの愛を失ってもなお、シーザを相手として選ぶ苦悩とか過程をもっと見たかったかも。
    このラストのちょん切り感だとシーザはロキをいろんな点で超えられてないかなあと。(ロキは死ぬのは色んな意味でずるいんだけど。)

  • ファンタジー/王族/異形
    16.09.09 新規up

    1-11巻 続
    (13巻完結)

  • 敵国へ嫁がされた赤毛の王女の物語。ロキがかっこよすぎ!王道ならばたぶんロキとはくっつかないのだろう。

  • 設定は好みで面白そうなのに、主人公が敵対関係にある王子と打ち解けるのがあまりにあっけなく早すぎてダメだった。主人公も周りも気持ち変わるの早すぎ。

  • ファンタジー色の強い恋愛、政治、アクション、差別を取り入れた作品です。絵がきれいで観てるだけでも楽しいです。
    最終巻まで読みましたが読み終わったときの悲しみ、切なさはあとをひくかんじでした。
    でも心から面白かったと思える作品です。

  • 主人公の少女の強さに惹かれたのと、王子の不器用な愛が好みでした!

全87件中 1 - 10件を表示

藤間麗の作品

黎明のアルカナ 1 (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×