カノジョは嘘を愛しすぎてる 2 (Cheeseフラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.91
  • (47)
  • (48)
  • (47)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 645
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091326683

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 無料アプリ。
    今さらだけど主人公はアキなんだね。「大丈夫、好きになれる」って普通の人はあんまり感じることのないはずの感情だよね。すごいわかるけど。ユウちゃんが切ない感じだなーと思うけどやっぱりアキが好き。今のところリコの事全然好きじゃないけどその歪んでる感じが好き。茉莉と別れる時のアキの言葉「男が元カノに会う理由なんて古今東西1つしかないよ セックス 性欲の処理 あと1回やっとくかって思うから会うんだよ」がすごーくすごく胸に突き刺さった。その通りだと思った。アキサイドとリコサイドの話が読めたのが良かったかな。最後はクリプレの真実が高樹さんから明かされる。

  • はまります。

  • バンドメンバーとのひばなちりちりがなかなか面白い。

  •  なんだか、切なくなるのが目に見えているのに、ついつい読んでしまうってとっても残念な感じですよね。
     というわけで、シリーズ2巻目。
     知らない間に映画化の話なんて出ちゃってるのは僕に対する嫌がらせですか?と尋ねたいレベルです。

     まあ、それはさておき。
     いきなり道中を歩いていた男に告白をされたリコは、その男・アキと付き合い始めた2巻。
     いきなり、リコとの帰り道、元カノのところに行ってしまうような不実な男でも、それでもやっぱりリコは彼のことが好きで、彼のことを守りたいと感じてしまう。
     そんなリコの普通の純真さにあって、アキは少しずつキモチを変えていく。
     元カノにあっても、リコの顔を思い出して、元カノとの関係を続けていることを知ったら、リコが泣くかもしれないと思ったら、そんなこともできなくて、何もせずに帰ってくる。

     そんな中、彼女の条件について「歌わない人」と言っていたにも関わらず、クリプレのプロデューサーにスカウトされてしまう。
     それについて一言も伝えずに、オーディションのために事務所を尋ねることに……

     そんな感じの話でした。
     まだまだ、話の序章という感じで、二人が出会って始めの話がほとんどで、肝心のこじれたりとか、いろいろなゴタゴタはまだまだ、という感じです。
     まあ、バンドメンバーで幼馴染みのユウの存在であるとか、火種の存在はちらほらしてるんだけど、それに火がつくほどのものがまだないです。
     これからは、いろいろぐちゃぐちゃして、ごちゃごちゃするんだろうな……というのが、見えるから、なんともいえないんですけど、このごちゃごちゃの先に見えるものを大事にしてほしいな、と思うのです。
     物語は始まったばかり。

  • どどど、どうなるの…?
    芸能人は、いや大人は、悪いやつばかりのようでいて、でもただ屈折してるだけのようにも見える。そんな中で素直な子供たちはどう翻弄されてしまうのか。あるいはそんな子供たちに、大人が翻弄されていくのか。
    作品名、サブタイトルの付け方といい、ストーリーテリングに凝ってるなぁ。

  • 追記:Kindle版購入

  • 今までまったく関わりのなかったアキの世界と理子の世界が音楽を主軸にして交わり始めるのが面白い。これからどうなるのかが楽しみ。

    高樹さんがかなり食えない男で、だけどなぜか惹かれてしまうところがある。実際に会ったら、きっと手の平の上で転がされてしまうのだろうけど、それも楽しくなってしまいそうな人。

    ギター三人編成のバンドってどんな風になるんでしょう。全然想像できないけど、成り立つのかしら。

    続きが気になる二巻でした。

  • ユウちゃんが空気すぎて切ない。
    それにたいしてソーちゃんの安心感が半端ない・・・!

  • 茉莉がいまいちつかめないが、多分アキよりも歌手としての自分の方が好きなんじゃないかと思った。アキと理子のなんともいえないかけひき(じゃないけど想いのやりとりみたいな)がすごくよかった!この辺りからはまってきた感じ。でもわたしはユウちゃんじゃなくてソ−ちゃんのが好きだw それでもって瞬のがもっと好きだw

  • 1巻はまだストーリーにうまく馴染んでいなかったので、2巻からはゆっくりとアキと理子の関係をよく読めたと思うのだが、、アキが理子に惹かれた部分がよくわからず。。

    音楽とは違う世界を見せてくれそうな理子に惹かれた?
    でもその理子も歌うたいで。

    かつて愛していた茉莉が自分を裏切っていて、それでもアキに茉莉が執着するのは、恋人としてではなく作曲家としてのアキを失うのが痛いからというのは…まぁ茉莉から離れるよなとわかる。

    2巻にきて主人公2人の魅力にまだ気づけずにいるので、星3つ。

全25件中 1 - 10件を表示

カノジョは嘘を愛しすぎてる 2 (Cheeseフラワーコミックス)のその他の作品

青木琴美の作品

カノジョは嘘を愛しすぎてる 2 (Cheeseフラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする