坂道のアポロン (6) (フラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.21
  • (133)
  • (161)
  • (56)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1223
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091331984

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 繝?う繝シ繝亥コァ隲?シ壹?縺溘a縺ォ蜀崎ェュ縲よ收蟯。縺上s縺ッ騾壼クク蝟カ讌ュ荳ュ縲ゅ↑繧薙°縺昴%縺ォ謨代o繧後k繧医≧縺ェ豌励↓縺ェ繧九?縺ッ豌励?縺帙>縺?繧阪≧縺銀?ヲ縲ゅ◎縺励※縲∵焔陲具シ√??謇玖「具シ

  • 坂道のアポロン

  • 60年代の青春。学生運動、淡い初恋、お嬢様との駆け落ち…甘酸っぱさ満載です。

  • 学生運動か。ボクよりは前の世代の話だな。淳兄は女子高生を連れて東京へ行っちまった。どうか誘拐になりませんように。

  • 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 淳一さん愛の逃避行。

    そして、律ちゃんの恋もね!
    薫くんの勘違いで、千太郎を巻き込んでの色恋話。
    でも、千太郎の方はもうすっかり律っちゃんに関しては完結してさっぱり。
    あとはつき進むしかない!

  • 淳兄…(泣)
    列車にぐいってするなんてもう…
    このまんがでいままでで一番萌えた

  • この巻は淳兄と百合香さんのターン。

  • 最終巻にて

  • 相変わらずふとした描写が上手いと思います(松岡君主催のパーティの中で薫が千と律子の2人を思いながら弾いている場面とか)
    千太郎の「あいつとの馬鹿セッションでふさいどった気持ちが吹っ飛んだ気がする」というセリフで気づいたけど、薫の方も千太郎と一緒にいることで気持ちが晴れた、というような描写がこれまで何回もあるんですね。
    お互いの心の音が響き合うような友情が、ジャズという背景をもって描かれているんですね。この作品は最高のジャズ漫画なんだと思います。

全66件中 1 - 10件を表示

坂道のアポロン (6) (フラワーコミックス)のその他の作品

小玉ユキの作品

坂道のアポロン (6) (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする