さんすくみ (1) (フラワーコミックスアルファ)

著者 :
  • 小学館
3.93
  • (175)
  • (213)
  • (146)
  • (16)
  • (12)
本棚登録 : 1672
レビュー : 169
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091334602

作品紹介・あらすじ

新感覚のライトな宗教コメディ

フラワーズの新星・絹田村子が放つコミックス第二弾!「読経しちゃうぞ!」で大ブレイクした絹田村子が「さんすくみ」と題して本格連載を開始。神主の息子・恭太郎、住職の息子・孝仁、牧師の息子・工のへたれ三人組をさらに徹底して描いていきます。
世間が思っているほどラクじゃない宗教法人ならではの喜怒哀楽の日々。もてそうでもてない苦悩。跡継ぎの重圧。失敗の許されない儀式。今日も憂鬱な日々が始まる!?

【編集担当からのおすすめ情報】
全国の書店で話題になった「読経しちゃうぞ!」の続編です。
へたれ三人組が良い味出してます。応援よろしくお願いします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちょっと根暗で気弱な神社の息子とナンパな教会の息子、気弱な寺の息子の宗教法人トリオが活躍(?)する奈良が舞台の日常コメディ。
    爆笑!という感じではないけどじわじわくる笑いが魅力。主役級の三人にそれぞれ個性が付与されてるのもいい。ぽーっとした恭太郎に要領のいい工、女に弱い孝仁。この三人がほぼ駄弁ってるだけだったり実家絡みのトラブルに巻き込まれたり。大きな事件が起こるわけでもなく、ただそれだけっちゃそれだけの話なんですが、読めば読むほど味がでるというか、しみじみ侘び寂びを感じさせる面白さ。
    奈良が地元の方は共感する部分も多いのでは?

    三人の中では何かと貧乏籤を引きがちな恭太郎ですが、二巻における酒の肴事件のフォローなど、基本的に仲良しトリオなので読み心地がいい。鹿に強権発動する工にはウケました。しかし女っ気がない……
    面白いのですが、掲載誌の中では浮いてるというかやや異彩を放ってる印象です(笑)

    お寺や神社、教会が季節ごとに催す行事の豆知識も楽しい。
    題材が題材だからと堅苦しく考えず、肩の力を抜いてゆる〜りと読むのを推奨します。

  • 最終巻まで読了。
    予想外に素敵な漫画でした。

  • 宗教の違うジュニア世代のお話ということで、とても面白かった。ハマった!

    あるあるwきっとそうだよねー。
    といううなずけて、微笑ましいエピソードばかりw

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「神主の息子・恭太郎、住職の息子・孝仁、牧師の息子・工のへたれ三人組」
      ナルホド、、、ついユダヤ教徒・イスラム教徒・キリスト教徒の3人が宝を...
      「神主の息子・恭太郎、住職の息子・孝仁、牧師の息子・工のへたれ三人組」
      ナルホド、、、ついユダヤ教徒・イスラム教徒・キリスト教徒の3人が宝を求めて旅をする「サファイアの書」(ジルベール・シヌエ著)を思い出しました
      2012/06/20
  • 神社の息子(霊感ゼロ)と
    お寺の息子(霊感はあるが幽霊は怖い)と
    教会の息子(スプラッタ好き)の話。

    佐々木倫子さんと似たノリを感じるけどもっとこっちの方がゆるいかも。
    全体的に女性が強くて笑ってしまう。

  • 1-4+

  • 霑第園縺ョ譛ャ螻九〒縺雁匡繧√↓縺ェ縺」縺ヲ縺?◆縺ョ縺ァ雋キ縺」縺ヲ縺ソ縺溘?ら・樒、セ縺ョ諱ッ蟄舌→蟇コ縺ョ諱ッ蟄舌→謨吩シ壹?諱ッ蟄舌′蜿倶ココ蜷悟」ォ縲√→縺?≧繧?k縺?さ繝。繝?ぅ縲ゅ≧繧薙?∫「コ縺九↓螟峨〒髱「逋ス縺??

  • ※感想は第10巻のレビューに。

  • 神社とお寺と教会の裏側?とかが色々見えて面白いです!前作「読経しちゃうぞ!」とあわせてぜひ!

  • 実は、もう9巻まで読みました。
    ここでは感想ではなく、ざっと紹介します。

    ブクログで、完結巻(10巻)のレビューをざっと見て、面白そうだったので、読んでみました。10巻だけ、まだ読めていませんが。

    設定、ストーリーは他の方が書かれていますので省略します。
    雰囲気は、「動物のお医者さん」みたいだといえば、わかりやすいかもしれません。日常のエピソードを描いているからこそ、リアリティがあり、クスリと笑えて、登場人物たちがだんだん好きになっていきます。現実にはありえないような展開を求めている方には、物足りないかもしれませんが、私は、こういう雰囲気すごく好きです。

    絵もきれい(実在の人間らしい範囲で)ですし、背景とかにも手を抜いてない感じで、好感度高いです。

    キャラクターも立ってるし、何より、主人公の3人が、基本的にお育ちが良くて人が良くて、家業に誇りを持っていて、そのために奉仕することを当たり前に受け入れているということが素敵です。

    家は神社、お寺、教会、と異質なものだけど、お互い自然に受け入れ、頼り頼られしているのも、お育ちのよさゆえに、ちょっと幼いのも、とても自然。

    1巻はあまり強烈なエピソードないかもしれませんが、巻を追うごとに、どんどん盛り上がってきますので、続きも読んでますます楽しめると思います。

  • 題材は気になったのですが、うーん、ちょっと雰囲気がほのぼのしていて合わないかも。。。途中で中断。また興味が出たら読みます。

全169件中 1 - 10件を表示

絹田村子の作品

さんすくみ (1) (フラワーコミックスアルファ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×