もう一人のマリオネット 8 (フラワーコミックス)

  • 小学館 (1993年3月発売)
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091337085

もう一人のマリオネット 8 (フラワーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全巻読破。
    やってしまいました。以前読んだのに印象が薄かったせいでまた手に取ってしまった。
    役者とは別人になりきる職業という捉え方から二重人格を掛けた発想は良かったとは思う。でも、多重人格の原因が幼児期に性的虐待など、長期間に渡って異常なまでに精神を追い詰められた結果、精神崩壊から必死で自分を守るために別人格を創り出していくというのが精神医学・心理学における主流の認識で、ここでも「精神的ショック」が原因とはされているが、なにか浅いというか、深く感じ入ることが出来なかった。また人格が入れ替わる過程も話の流れに都合よく構成されている。
    単なる作り話として軽い娯楽を。

  • 神の存在を消し、完全になりかわるべく、建は舞台で才能を発揮する。一方、七生は建にも魅かれている自分に気づく。神と建の運命をかけて、舞台は幕を上げる…!!全8巻

全2件中 1 - 2件を表示

もう一人のマリオネット 8 (フラワーコミックス)のその他の作品

さいとうちほの作品

もう一人のマリオネット 8 (フラワーコミックス)はこんな本です

ツイートする