殺されるなら、いっそ桜の木の下で (Cheeseフラワーコミックス)

著者 : 桜田雛
  • 小学館 (2011年6月24日発売)
3.63
  • (15)
  • (20)
  • (20)
  • (6)
  • (2)
  • 本棚登録 :227
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091340160

殺されるなら、いっそ桜の木の下で (Cheeseフラワーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙買い。
    久しぶりにこういう恋愛ものの少女漫画にはまった。
    一つ一つはすごく綺麗な男子、女子を書くのに所々に入る、すごく崩した人物像が面白い。
    これを買った後、桜田雛さんの漫画を次々に買ってしまっています。
    まだ全巻揃っていないけど。
    基本1巻で完結なので読みやすい。
    全体的にありきたりな恋愛漫画だとは思う。(絵が好きだから買ってしまう。)
    その中でもこの「殺されるなら~」はかなり暗い話。
    でも、こういう話、嫌いじゃない。

  • 扼殺我,就在櫻花樹下 櫻田雛 尖端 全1集 

    再一本櫻田雛~櫻田雛的口味都挺重的XD 列入關注作家XDD
     
    1.★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    挺有趣的~本篇故事僅3話~就死了3個人XDD
    男主角→死
    女主角→剩下,但應該不會好過XD
    好友→死
    好友的好友→死

    除了女主角外,其他重要角色幾乎死光XDD


    2.★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    說到死翹翹,男主角帶刀同學,應該確定是上吊自殺
    不過那個好友情敵早穗,到底是自殺還是意外還是被殺,就有爭議@@
    男主角搶相機是不小心推到早穗?早穗自己嚇到絆倒?
    不過早穗站到頂樓鐵絲網外是出於自願,威脅男朋友也是自己的意志
    所以還是算自殺吧@@

    然後,掉在河裏的白髮雙馬尾笹川(笹,中文似乎打不出來@@;)
    算是被殺~但是沒有反抗那樣~吧@@
    沒有朋友→終於交到1個朋友的笹川~總之,朋友太少
    才會這樣「堅持與爭奪」1個朋友吧@@(有點像《巴洛克騎士團》的劇情哩)


    3.★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    從頭到尾 完全「沒有臉」的早穗(就算在燦笑,眼睛還是被留海遮住)
    可說是這部最有趣的地方吧XD 
    說早穗是第1情敵嗎?也不是~
    因為女主角雪野並不喜歡帶刀,最後也沒在一起啊XD

    我也喜歡早穗的死前的自白~
    以獻身方式,破除處男而得以和帶刀交往~
    一開始就知道,不是因為帶刀喜歡自己@@
    所以也早就預料到哪天會分手,可是還是能撐一天就一天吧
    且也明知道不是雪野的錯(因為雪野只是被暗戀~)~但仍舊非常痛恨雪野~
    能夠理解,但心卻無法照著腦子去走~


    4.★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    帶刀同學的老爸 和雪野的母親有關係~
    不過並不代表帶刀和雪野有血緣關係就是了@@


    5.★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    最後有幾頁 是作者櫻田雛其他作品 的短短續篇~
    不過我都沒看過就是了XD

    喔,我也超討厭男性泳衣穿緊身3角褲XD(豹紋更不用說XD)
    會穿比基尼的女性,是為了展現大胸部~所以貼身無所謂
    那同理,男性穿貼身3角褲是為了展現大屌!?!?
    可是大屌並不是「公認的美」耶…(辦事時還可能讓女性超痛@@)

    或,敢穿3角褲的女性,可能是為了展現漂亮的大腿
    (但私以為 穿3角褲會好看的比例 遠低於胸罩型泳衣~
     因為胸部幾乎是只要大就好看 但大腿不是細就好看~)
    所以穿緊身3角褲的男性~也是在展現好看的大腿!?怎樣好看?
    若男性大腿好看,怎麼男性不流行穿熱褲上街?

  • 最悪にして最高な終わりだった。
    どこまでも偏愛的な様がとても心地よかった作品。

  • 好きってそういうこと

  • 相変わらず美しい絵。
    しかし共感はできない。だがそれがいい。

  • 小学館の少女コミック系でよく見られるヤンデレな男の子の話かと
    思いきや、ミステリー要素が加わっていて予想外に面白かった。
    全く知らない作者だったけれど、タイトルと表紙の宣伝等に惹かれて
    手にとってみたけれど正解だったようだ。

    全3話という短い話だが、非常に重く、そして濃い話。
    ピュアなヒロインの少女に親友から不可解なメールが届いたことから物語は始まる。釈然としないまま登校すると、親友は自殺していた。しかも、死んだ原因はヒロインにあるという…。友達やクラスの子に責められ、おいつられるヒロイン。しかし、彼女を秘かに愛する少年がヒロインを必死に庇う。ヒロインを庇いながら時折見せる不敵な微笑み。
    親友はなぜ死んだのか?少年の思惑は?
    というミステリー要素が加わっていて面白い。
    2話までは美しくてピュアなヒロインがひたすら追い詰められる展開だけれど、最終話で視点はヒロインを愛する少年に切り替わる。その最終話で
    全ての真相が明かされることになる・・・という展開。

    結末を口にするのはできるけれど、登場人物たちの心理描写や表情が非常に巧みなので、ぜひ読んでラストを知ってほしい。
    ただし、バットエンドともいえる結末なので、それが嫌な方はダメかも。

  • 怖い!
    みんな死んじゃったよ...

  • 一般的に歪んだ感情を書くのが上手いな、と。
    ただ女の子は救いかなくて切なくなる。
    一人残されてしまって…。

  • 読後感かなり悪いけど笑 面白かった!
    ここまでドロドロの内容を書けるのは凄い。

  • タイトルに引かれて読んでみました。
    梶井基次郎の『櫻の樹の下には』をベースにしているのかと思いましたが、そういうわけでもなく、ただ「桜の木の下には死体が埋まっている」という言葉を引用しているようでした。

    学園ものですが、若さゆえに誰もが思いつめて、悲劇を生んでいきます。
    初めは、誰しも心の中に愛しか抱いていなかったのに、まるで坂を転がるように陥っていく不幸。
    止まらない悲しみと嘆きの連鎖。

    ヒロインは、完全に巻き込まれタイプです。
    誰もさほど悪くないのに、ここまで悲惨な話になるなんて。
    やりきれなさと救われなさを感じました。
    お正月に読むには暗すぎた感じ。

    こんなにあけすけなほどダイレクトに、悲劇まっしぐらのダークな少女コミックもあるんだと、ある意味新鮮ではありました。
    コミックに携帯電話が初めて登場した時にはなんだか感激しましたが、twitterが出てくる話を読んだのはこれが初めて。
    時代ですね。今に、普通に描かれるようになるんでしょうね。

全18件中 1 - 10件を表示

殺されるなら、いっそ桜の木の下で (Cheeseフラワーコミックス)のその他の作品

桜田雛の作品

殺されるなら、いっそ桜の木の下で (Cheeseフラワーコミックス)に関連する談話室の質問

殺されるなら、いっそ桜の木の下で (Cheeseフラワーコミックス)はこんなマンガです

ツイートする