7SEEDS 20 (フラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.39
  • (91)
  • (70)
  • (18)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 559
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091340184

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めて知る安居と諒の壮絶な過去に嵐は泣く。皆も泣いています。
    『洗脳』されていたことにはじめてきづく2人の姿も衝撃的。
    でも夏Bチームの明るさに2人は確実に変わってきたようです。
    蝉丸→小夏→嵐⇔花←安居←諒←祭---?
    こんな時でも青春真っ盛りな彼ら♪
    心も1つになってきた---と感じますが。
    花の真実をしったらどうなるのか(涙)
    まだまだ油断ならない・・7SEEDS。期待です!!

  • ちょっと説教クサイけどすんごいよかった!!
    夏Aの二人の過去をBが知って・・・というとこなんだけど!
    長い間彷徨っていた安吾が一歩前に進んだというか、それでまた本領発揮というか。
    相変わらず涼くんは読めない部分はあるけど、それでもずいぶん馴染んできたし。
    内容は状況に対してキレイ事すぎたり、いちいち説教クサイ部分はあるんだけど、みんなが前向きにがんばってるBチームなので嫌悪感はないです。
    そろそろ状況が変わってくれるといいんだけど。このまま行くと完結はいつなんだろ・・・

  • 読み終わってからもしばらくぼーっとしてしまった、圧倒されて。安居と涼が夏Bに出会った時に「変わるかも」って思ったけど、本当にその通りになった。安居が戻ってきてくれて、嬉しい。そしてここからの展開も気になる。ドキドキ。早く続きが読みたい。

  • 安居と涼がようやく呪縛から逃れられたのか。

    漫画なのに映画を見るようで手に汗握って一気に読んだ。
    みんなそれぞれができる事をやる。
    考える。
    生きていくってそういう事なんだなぁと改めて感じた。

    それにしてもこの作者さん、広くものを知っている人なんだろうな。
    こんな話を書けるって本当にすごい。

  • Bチームと涼と安居の絡みがよかった。蝉丸とまつりが面白すぎる!笑
    安居が茂のことを乗り越えたところには思わず涙…
    私はどんくさナツタイプなので、パンピーにも存在意義があることを教えてくれた作者に感謝です!!
    きっと最初にBチームがAチームのことを疑って接していたら、こんなふうに助け合うことはできなかったと思うし、人との付き合いも出来事も捉え方次第なんだな〜。
    とにかく作者はこんなに色んな人の心情がわかってすごい!!

  • 安居、正気に戻る。
    ミサイル発射を阻止する為、解除装置のコード探し。
    バクテリアの危機!

  • みんな自分がやれることをやる、そうやって命を繋ぐ。でもさ、普通の人がこういう状況に放り込まれた時やっぱり自分には何もできない、ってネガティブになるよね。あの蝉丸だって、涼や安吾が瞬時に判断して行動に移したのを目の当たりにしたときはそう思ってたし。適材適所。学んだことはムダじゃない。そういうのって自分じゃ気づいてないだけであって、意外と日常にリンクしてるんだよ!←ポジティブ(笑)

  • 表紙を見て、BLか!と思ってしまうダメな私。

  • 2012/06/12:コミックレンタルにて20,21巻読了。

  • 続きが楽しみな作品。
    でも、完結してから一気読みがいいかも。

全57件中 1 - 10件を表示

7SEEDS 20 (フラワーコミックス)のその他の作品

田村由美の作品

7SEEDS 20 (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする