失恋ショコラティエ 4 (フラワーコミックスアルファ)

著者 :
  • 小学館
4.05
  • (124)
  • (190)
  • (87)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 1326
レビュー : 101
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091341143

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【あらすじ】
    ショコラティエとして着々と評価を上げる爽太だが、恋の出口ははまだまだ見えず。サエコへの想いを新作づくりへの情熱に変え、今日も彼女の来店を待つのだけど…。そんな中、同じく片想い恋愛中の同僚オリヴィエや薫子には、ちょっとした春の予感が!?

    【感想】

  • 本棚から。
    薫子さんの前半戦と、さえ子さんの地獄も進む後半戦。
    この辺りもう6年も前なのか……。

  • 酔って関谷さんに爽太の事愚痴る薫子さん見てますます苦手になった。爽太の事好きな事認めることもできずにただサエコやえれなの事悪く言ってなんか無理。リクドーさんの勘違い面白かった。オリヴィエとまつりついに!と思ったけど、まつりはまだ心ここに在らずって感じなのね。それもわかってて付き合うオリヴィエ大人だけどやっぱりまだ切ない。サエコがあんまり幸せじゃない結婚生活してる事が明らかに。でもそれが正しい主婦の姿。そう言われるのもわかるかも。でも私はサエコの気持ちもわかっちゃう。

  • うまくいってるように見えるものも本当は軋んでたり 笑っているけど泣いていたり

    本当そうですよ。
    だから他人を見て羨んだりしても意味はない。

  • ショートのサエコさんかわいい。そして、ショコラヴィのクリスマスケーキ食べたい!そんなにチョコ好きじゃなくてもそそられます。

  • 恋愛の穴は どうして仕事では埋められないんだろう

  • リクドーさんの勘違い暴走がおもしろい~
    いいキャラだなぁ。
    関谷くんにはもうちょっと頑張ってもらいたい所存。

  • リクドーさんの勘違いがかわいそうだけど面白い!そうかー、サエコさんの結婚って裕福だけど、幸せでいっぱいとは言いがたいものだったのか・・・。ちょっと同情心がわいたけど、なにか企んでいそうなところにやっぱり「サエコさん苦手」って思ってしまった。相変わらず、えれなはいい子だなぁ。

  • 複雑な夫婦、カップル、友達の関係

  • 面白かった。

全101件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

水城 せとな(みずしろ せとな)
1971年生まれの漫画家。1993年『プチコミック』4月号掲載の『冬が、終わろうとしていた。』でデビュー。
代表作に、2012年に第36回講談社漫画賞少女部門を受賞した『失恋ショコラティエ』や、『放課後保健室』など。作詞や文章などの創作もあり、多方面で活躍中。

失恋ショコラティエ 4 (フラワーコミックスアルファ)のその他の作品

水城せとなの作品

失恋ショコラティエ 4 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に登録しているひと

ツイートする