Piece 7 (フラワーコミックス)

著者 : 芦原妃名子
  • 小学館 (2011年12月26日発売)
3.98
  • (27)
  • (33)
  • (27)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :278
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091341273

Piece 7 (フラワーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 成海(兄)登場キター!
    でもラスボス(何)はやっぱり成海母なんじゃないかと思う。

    続きが気になって気になって仕方ない。
    コミックが刊行されるのに時間かかるので、完結して一気に読破したい作品だ。

  • 我仍不覺得成海皓和折口遙交往過耶XD 若成海真的很愛畫圖、身上總瀰漫著油畫顏料的味道…作者這梗也鋪的太突兀了!若是在推理小說,讀者絕對會很生氣哩XD(這套漫畫被長鴻分類為驚悚推理XD)所以真男友還是比呂吧!

    水帆發揮主角威能~真的給他在廣大的神戶堵到比呂!!!!!! 比西浦打贏美丞更不可思議XDD

    比呂…人帥真好!?有女生罩他耶XD

    唯一我最不滿意的大概就是~作品中的每個人都把「故意或過失傷害」堅持說是「殺人既遂」~說成海他們殺了丸尾~丸尾明明只有摔傷腿@@ 不斷重複之刻意放大~會讓我懷疑作者對真實描述的功力…orz

  • 最近の少女漫画ってこんなにレベルが高いんですか。
    ミステリー×恋愛?本当に面白いというか人間心理の勉強になる

  • 先が気になるミステリー漫画です。

  •  私が今、一番楽しみにしている漫画です。
     少女マンガだけど、サスペンス。推理小説っぽい。
     自殺した女の子が付き合っていたという男の子を捜す話。

     今回は、自殺した折口はるかが、生前に人探しを頼んだ、という『便利屋NEO』を見つけて、話を聞くところからスタート。
     あんまり、あらすじをしゃべってしまうとこの話はおもしろくなくなっちゃうので、感想だけ簡単に。

     ようやくはるかが探していた人間がわかって、その人間の居場所がわかったところには、成海が先回りして訪ねて行っていて、その人物は成海と一緒に出かけちゃって留守で。
     その代わり、連絡先を聞いたんだけど、やっぱり連絡が取れない。
     そこで、その人物がいるらしい神戸まで行く水帆。
     でも、だからと言って神戸だって広いから、見つけられるはずもなく、その代わり、別の人物にたどり着く……という。
     ついに、はるかさんの元彼がわかったんだけど。
     その代わり、水帆はいっぱい傷ついて悩んで。
     なんか、それが人間ってやつなんだろうなー……っていうところに落ちて来る。
     本当、そういう一つ一つがものすごく面白いから、すっごく面白い話だと思います。
     前も言ったかもしれませんが、コミックでこれをやれるのが本当にすごい。

  • ついに役者は揃った!ってとこかな?
    いつも寂しさと暗さと切なさと、ほんのすこしの明るさ、笑い、光がある。

  • ついに出てきた、比呂くん!
    今までは小さい頃とか回想の中とかでしかでてこなかったけど
    ようやく今の彼が出てきたことによって、ピースがまた見つかった。



    はるかちゃんが探していた二人の男。
    ひとりはコウジで、もう一人があの歯抜けの丸尾。
    コウジを探してたのはれみちゃんのためだよね。
    で、丸尾があんなに変わっていたなんて。でもいい方に変わっててよかった。
    やっぱりたった一人の出会いで変わることってあるよね。

    比呂くんは今でも絵を描いてたんだね。
    唯一感情をぶちまけることができる方法。
    そして、比呂くんもまた卵が食べれないんだよね。
    というか食べられなくなってしまったんだけど。
    つくづくお母さんのせいでこの双子の人生めちゃくちゃだよなぁ。
    成海は相変わらずひねくれてるし。
    ここで、水帆がようやく比呂くんに会えたからまた色々わかってくるかな?
    そう簡単には話さなさそうだけど。
    でも、この二人を水帆が救う事になるのかな……。

    ピースがすべてはまるまでまだ時間はかかりそう。

  • 水帆と礼美の関係が柔らかくなってきたのが微笑ましい。でも礼美も何か抱えてそうだなー。成海兄弟はまだまだ謎がいっぱいだし、今後の展開がまったく読めない。だがそれが面白い。

  • ようやく7巻読めましたー!相変わらず続きが気になる展開…。

    主要キャラ、比呂くんようやく登場しましたね。はるかちゃんと比呂くんが切なくてたまらん!!もう二人が会うことは二度とないのかと思うと…(涙)

    あと高田さんの人柄に惚れました。鳴海ママは相変わらず恐ろしい…!

    次は6月ですか?待ち遠しいなあ…◎

  • いよいよ最後のキーマン兄の比呂登場。

    これで絡まり合った謎は一気に解けていくんだろうか。
    でも、なんとなく最初に予想した展開になりそうなのが不安。
    もう少しひねりが欲しいけど…

    少女漫画を超えたミステリー。そんじょそこらの小説より面白い。

    あまりに人間のドロドロした部分が描かれているので、ラストは救いがあって欲しいな(・_・;)

全20件中 1 - 10件を表示

Piece 7 (フラワーコミックス)のその他の作品

芦原妃名子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Piece 7 (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする