レディ シノワズリ 1 (フラワーコミックススペシャル)

著者 : 波津彬子
  • 小学館 (2011年10月7日発売)
3.67
  • (7)
  • (15)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :124
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091341594

レディ シノワズリ 1 (フラワーコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 波津先生らしい、繊細で不思議で優しいお話。

  •  従兄につれて行かれた屋敷であったのは、チャイナドレスを着た金髪碧眼の美女だった。
     古き良き時代のイギリスを舞台にした、ファムファタールと中国骨董の連作。

     物は、ただの物ではなく、想いのあり様なのだと、思う。
     ようするに、イギリスに流れてきている中国骨董が、正しくない扱いをされてるところに、美女は現れ、少年はその姿を追い求める。
     そこにあるのは、<憧憬>なのだと思う。
     
     だからこそ、物語は優しく美しい。

     この美しさがあるからこそ、世界は廻るのだと、まぁ、何の根拠もなく思うのである。 
     信じられるのである。

     そういう、善良な物語…。

  • 筆が遅いことで定評のある波津先生.そんなにいろんなシリーズ展開して大丈夫なんですかと心配になりますが,またしても新しいシリーズ展開.

    レディ・シノワズリは中国趣味の骨董があるべき場所にいられなくなりそうになると現れて,それらが本来おちつくべき場所へと導く.どうやら白虎のようなこの世ならぬものを伴っている様子.本巻ではそこまで.秘密は次巻以降でおいおい明らかになることだろう.

  • 金髪碧眼のチャイナドレスの女なんて想像すると胡散臭げだけど、波津さんのは麗しいんだよな~w
    “シノワズリ”って中国“風”だそうなのだが、響きがすきだ。
    ウィリアムのひねさ加減もさとい子供の範疇な気もするからもっとみてみたいな~

  • 波津先生なので
    勿論絵も綺麗でお話も綺麗で満足はしているのですが、
    タイトルになってるレディ・シノワズリは、
    やっぱり波津先生なので、
    濃ゆさのあるキャラでは全然無く

    では、ほわ~んと幻想的な存在かと言うと
    そうでもなく

    存在感があるわけでも無いわけでも無いので
    タイトルロールとして読むと、
    こ~ 、なんとなく微妙でした。

  • 英国を舞台に中国骨董に絡む事件を描いた読切短編でのシリーズもの、ややシリアス寄り。表題にあるレディシノワズリは、登場する度名乗る名前が違うミステリアスな美女。悪人というわけではなさそうだけれど…、その素姓が気になるウィリアム少年が主人公。とりあえず続き!読みたい!

  • 相変わらず、綺麗です。

  • ウィリアム青年の周りには美女・美少女目白押しだというのに、会えるかどうかも分からない謎の女にしか目がいってないとは不毛なヤツめ...www 
    個人的にはリンジー姫お気に入り♪ 
    ガートルード嬢は一人息子と一人娘(兄いるけど)で家継ぐって決めたならこれはもう諦めるしか...残念。 

    まだ続いてるみたいなので、今後のハクの活躍に期待☆

  •  骨董、特に中国骨董の周囲で起こる人間模様。骨董自体は、どちらかというとアクセントでウンチクはありません。
    波津さんの作品は、優しい結末が多いので安心して見れますわ。

  • シノワズリという不思議な響きの言葉を完璧に体現したかのような物語。波津先生の真骨頂ですね。

全11件中 1 - 10件を表示

レディ シノワズリ 1 (フラワーコミックススペシャル)のその他の作品

波津彬子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする