黎明のアルカナ 8 (フラワーコミックス)

著者 : 藤間麗
  • 小学館 (2011年10月26日発売)
3.77
  • (17)
  • (45)
  • (31)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :395
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091342003

黎明のアルカナ 8 (フラワーコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロキの過去が重い…でもこれくらいのエピソードがないとつまらないのも事実。

  • 1〜8巻まで。ロキの秘密が明かされる。てかベラって誰だ?

  • 物語もいいけれど、20のリトがイイ男すぎます。未来のお話とか作ってくれること期待して…。

  • 表紙は、狼の亜人のロキ。

  • うわあああああああああロキぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    (ベラ様誰…)

    アーキルまさかの25歳とか(^O^)20こえてたとか(^O^)ロキ27歳いいね(^O^)

  • ※感想は第9巻のレビューに。

  • ベルクートの王子として、処刑される覚悟で帰国を決意したシーザ。
    政略結婚で無理矢理自分の元へと嫁がされたナカバを巻き込みたくない彼は、彼女を突き放そうとする。

    シーザ帰るんかい!!(笑)
    いやまぁ王子なんで帰らなきゃいけないですが、このタイミングで?
    奥手なナカバは今回相当頑張ったと思うけれども、もう会えないかもしれないのに、こんなにアッサリ別れちゃって良かったんでしょうか…。
    別行動はちょっと寂しいかも。

    そしてこれからはロキのターンなんですね!
    過去にぶっ飛んで、明らかに見てはいけないものを見た感があるんですけど、いいのかこれは!?(笑)
    でもほんと昔からロキにとってナカバってすごく大切な存在だったんだなぁ。
    これだけ想ってるのに、もし報われなかったらなんだか可哀想な気がしてきた。

  • 2012/06/17:コミックレンタルにて8、9巻読了。

  • ロキが不憫である・・・それに尽きる。

  • ベルクートの王子として、処刑される覚悟で帰国を決意したシーザ。
    政略結婚で無理矢理自分の元へ嫁がされたナカバを巻き込みたくないシーザは、ナカバを突き放す。
    しかし冷たくされればされるほど、シーザへの想いが募るナカバは…。

    なんていうかもう夫婦可愛いよ!みたいな感じで。
    初期の二人が嘘のようなラブラブです。ナカバがシーザの周りをちょろちょろする日が来るとはなぁ。
    シーザの気遣いとかナカバの想いとか、いい感じに切なさに拍車を掛けておりました。
    邪魔が入って実に残念だ…。
    一方でロキのナカバへの献身や想いも明かされました。ロキも頑張ったんだけどね…。
    それを視てしまったナカバがどう決断を下すのかが気になる所。

全22件中 1 - 10件を表示

黎明のアルカナ 8 (フラワーコミックス)のその他の作品

藤間麗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黎明のアルカナ 8 (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする