プリンと水平線 (フラワーコミックスアルファ)

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091342270

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ー女の子の人生はたった数ヶ月で変わってしまう
    どんなに戻りたくても戻れない場所があるのだ

    5つの短編と1つの8ページのショートショート。

    絵が優しくて、ビターなお話もハッピーエンドのお話も、どれも味わい深い。

    30代前半の女性達が主人公で、その世代以上の人には共感する部分がチラホラあるのではないでしょうか。

    思い通りにならなかったり、なったり、人生はいろいろ。子どもの頃に想像していた自分とは、かけ離れている今の自分。
    そんな自分を認めてあげようと思える一冊。

  • 30代という、オトナのラブストーリー。
    その年代ならではの甘酸っぱさや、せつなさがたくさんつまっていて
    読んだ後の気持ちがすごくいい。心が温かくなる。
    よしまさこさんの作品はやっぱりいい。

    2012.4.25読了

  • すごく良くわかる!という内容でした~。
    数ヶ月で女の子の人生は変わる。
    まるで自分のことかと思うくらい・・・(汗)
    さわやかな、過去からの卒業、と言う感じがたまらなくきゅんとしました。
    私もこの話みたいに卒業したかった(^^;

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1979年、『週刊マーガレット』増刊号掲載の『勝負あり!』でデビュー。 以後、同誌を中心に執筆し、現在は主に『コーラス』などの女性誌で執筆している。
代表作『うてなの結婚』『BOOBOO』『愛さずにはいられない』他。

「2016年 『もう一度あいたいせつなすぎる よしまさこ蔵出しベスト(まんがのほしCOMICS)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よしまさこの作品

ツイートする