女王の花 (5) (フラワーコミックス)

  • 小学館
4.16
  • (59)
  • (52)
  • (24)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 501
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091343086

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女王への道。女の立身出世物語、悲恋付。エンタメに必須の快楽方程式をおさえた漫画です。韓国ドラマの『チャングム』とか、少女小説の『十二国記』とか、そういう感じですね。すこしご都合主義なところもあるのですが、、、ついつい続きが気になって読んでしまうのです。

  • 東洋歴史ファンタジー5巻目。いよいよ歴史が動き出した様子。ランチ中に読んでたら、メシ屋で思わず号泣。恥ずかしい~!

  • 亜国へ送られてしまった青徹。
    ああ。。。いつか亜姫と再会できるのか、と期待したんだけど。
    しかし土妃、見事な悪役だな。

  • やばい。青徹のところ、泣けた。。。。。どうなるんだろ、これ。先が全く読めなくなってきた。

  • 土妃やるのうと思う間もない怒涛の展開でした。亜王もなんだかんだでいいやつっぽいじゃないですか。怪しい新キャラも出てきてさて次巻。

  • 亜王も考えてたのね。そして、青徹はどうなるの?やっぱりダメなのか!?玉璽は亜姫のもとに届くと信じたい。

  • 話は読めるのだけれど、ついつい気になってしまう次のお話。
    父親もいいやつでよかったと思いながら、親子の再開はいつになるのか。

  • 面白いのですが、人物の顔の描写が一定でないのが気になります。物語よりもそっちに気をとられてしまうこともあるので。

  • 青徹と亜姫の別れ、薄星との絆、土妃の謀叛。
    ううっ、青徹と亜王で泣ける…。新キャラ蛇波流登場。

  • 半ばまでは引っ張りぎみだと思いましたが、いきなり動き始め、ここで終わりますかー!!

全35件中 1 - 10件を表示

女王の花 (5) (フラワーコミックス)のその他の作品

和泉かねよしの作品

女王の花 (5) (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする