夢の雫、黄金の鳥籠 (3) (フラワーコミックスアルファ)

著者 :
  • 小学館
3.80
  • (31)
  • (52)
  • (46)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 521
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091346834

作品紹介・あらすじ

後宮であの方を愛することは“罪”---

奴隷の身分から、オスマントルコ帝国皇帝・スレイマンの側室となり、
寵愛を受けるヒュッレム。
けれどスレイマンの側近・イブラヒムを慕う気持ちが募るばかり・・・・・・。

そんな折、スレイマンとイブラヒムはベオグラード遠征へと旅立ち、
ひとり後宮に残されたヒュッレムには、新たな出会いが・・・!?

話題騒然! 篠原千絵渾身の本格ロマン・サーガ、
ついに第3巻です!!

【編集担当からのおすすめ情報】
16世紀のオスマントルコ。美しい女たちが咲き誇る後宮で繰り広げられる、
愛と憎しみ・・・・・・。
お話はついにヒュッレムの「愛」へと進んでいきます。
彼女の心を支配するのは・・・?
とにかく目が離せない!最新巻です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回もなかなか詰まってて面白かった。
    すっかり中東方向が得意分野になってるなぁ。

  • 読了。

  • 結構野蛮な話もさらっと描いてる

  • カタカナがカタカナが…。登場人物の名前が覚えられなくて困っております。その分絵がはっきりとされているのですが、う~ん…。次が楽しみです。

  • だんだん面白くなってきた。
    皇帝陛下が戦でいない間に、彼の妹ハディージェが登場。けっこう彼女好きだな。ハディージェがイブラヒムを好きだと嫉妬してしまうヒュッレムは自分の気持ちに気づいてしまうんだけど、そのことをギュルバハル様に知られてしまう?所で終わってるから気になる。大奥のようだ。ドロドロしてるね〜(笑)そしてエロいね〜ww

  • 第7~9話収録。
    スレイマンの妹・ハディージェ皇女登場。さすが皇女、お転婆そうだけれど何処か気品が漂ってます。ヒュッレムがイブラヒムに送った書簡が切ない!政治や後宮内の争いも面白いですが、やっぱり二人の仲がどう展開するかが一番楽しみです。ところで、スレイマンは二人の仲に気づいてるのでは?わざわざヒュッレムとの情事の様子を控室のイブラヒムに分かるようにさせるなんて…!天河のときは、カイルもラムセスも我が強い方だったけれど、イブラヒムは陛下に逆らうなんて立場・性格からして難しそう。早く4巻が読みたい!!

  • やっとおもしろくなってきたよー。(●•ω•●)

  • 段々面白くなって来ました!2人の関係はどうなって行くのか、、、続きが気になる!

  • 201311/1~4巻まとめて。篠原先生のロマンサーガ、はずれな訳がない!一気に読めないのがもどかしい。

  • ※感想は第4巻のレビューに。

全35件中 1 - 10件を表示

夢の雫、黄金の鳥籠 (3) (フラワーコミックスアルファ)のその他の作品

篠原千絵の作品

夢の雫、黄金の鳥籠 (3) (フラワーコミックスアルファ)を本棚に登録しているひと

ツイートする