ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕) (Cheeseフラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.90
  • (32)
  • (52)
  • (38)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 450
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091348104

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回は恭之助が振り回されてて面白い。
    普段振り回す側だから、どうしたら良いかわかんないってのがまた楽しい。
    で、振り回されすぎてキレてしまった一弥が、初の立役でいよいよ脱皮。
    一弥の腹黒さが好きな私は、ヨダレものです。

  • 恭之助と一弥がお互いを高め合うために色々と考えているようですが、なんだか良いライバルです。
    自分が成長するために好敵手がいるって、少年誌みたいですが、女の子向けに恋愛もちょいちょい入ってくる。話としては良いバランスになってきたと思います。

  • 歌舞伎の世界が垣間見れる

  • ヒロインの影が薄いな〜とはずっと思ってましたが。
    けっこうBL風味??
    覚醒ってそっちに目覚めちゃった?!
    …とりあえず歌舞伎に対する真摯さのあまりと理解しておきます。
    歌舞伎の舞台の華やかさと恭之助と一弥のライバル関係がこの漫画の主軸であり、魅力です。

  • 春画…気になる(笑)。
    そりゃあ、男同士のっていったら気になるでしょっ!

  • 恭之助と一弥が切磋琢磨していて良い。
    一弥のミスはとてもはらはらした…!

  • 前巻の最後で恭之助のパパが倒れましたけど、これまでたまに出てきていたパパが胃のあたりを抑えていたのは、ここにつながったんですね。疲労ということにして、ほんとは胃がんってパターンかなあ。回想シーンの若かりしパパもかっこよかったですが、小さなお馬鹿恭之助に苦労をしたのが病気の原因かもって思いました(^^ゞ

    あやめと恭之助がいい感じになってて、天然恭之助の話につっこみまくった上にめんどくさくなってしまった一弥が彼らしくて、一弥の恋?はなかなか報われなさそうです。

    歌舞伎の方もやってはいけないミスをしてしまった一弥でしたけど、そもそも歌舞伎ってあんなアドリブがあったりするんでしょうか?歌舞伎を見たことがないからなんともいえないですけど、みんなが青い顔しながら話を進めているってのはおもしろかったですし、一弥のあの恍惚とした顔もすごい色っぽかったです。

    次の「桜姫東文章」っていう歌舞伎は、ほんものBLなんですね。お坊さんとお稚児さんって設定はいざしらず、童貞恭之助を前に脱ぎだした一弥が何するのか楽しみです。

  • 歌舞伎っておもしろいんだなーと毎度のことながら思う。
    そしてなかなかに切ない。

  • 腐臭をいれると反響がいいのかしらん?

  • 少女マンガなのに、可愛い女子の登場人物が少ない。その代わりに(?)いい男がたくさん出てくるので眼福眼福。
    終わりのヒキ方がドキドキですね!

全37件中 1 - 10件を表示

嶋木あこの作品

ぴんとこな(8) (フラワーコミックス〔チーズ!〕) (Cheeseフラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする