アシさん 1 (フラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.78
  • (26)
  • (39)
  • (34)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 330
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091350763

作品紹介・あらすじ

笑いと感動の、まんが家アシスタント物語

浪川睦(なみかわむつみ)は、まんが家のたまご。いつかまんが家になりたいアシさん。
彼氏と別れたり、徹夜が続いたり、後輩に抜かれたり、BLや同人誌の世界にふみこんだり・・・そんないろんなことがある毎日を頑張れるのは、やっぱりまんがを描くことが一番好きだから!

「たいようのいえ」のタアモがおくる、笑えて、泣けて、元気が出る、ショートストーリー15編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 漫画家さん志望の睦ちゃんのアシスタントライフ。

    種類は違えども、〆切に追われてキリキリあわあわする
    現場の緊迫感と地獄絵図はよく分かるので
    一緒にぐったりしつつ、真っ直ぐで元気な睦ちゃん視点は
    するすると読めて、とにかくすごく楽しかった!

    次巻までまたまだ………。うー、待ち遠しい!

  • タアモさんはbetsucomi時代の読み切りしか読んだことなかったんですが、その時の印象が「可愛くて話も上手だけど読み切り向きの作家さん」という感じでした。
    けれど「アシさん」読んで驚きました。
    あの絵の可愛さは引き継ぎながら、コミカルにテンポ良く話が進んでいて面白かったです。
    「たいようのいえ」は未読なので評価出来ませんが、きちんと連載のできる力を元々持っていたか成長したのか…。
    とにかく可愛くて面白かった!

    しかし他の方も書いていますが約2年に1冊のペースはあまりにも痛い。
    1年に1冊ですらちょっと…っていう感じなのに。もったいないですよね。
    もしそのペースだからこそのクオリティならば仕方ないですけど連載中の大ヒットは難しくなりそうな気がします。

  • 『たいようのいえ』タアモ先生の新作。その名の通り漫画のアシスタントさんを通して、漫画家という修羅たちの生態系を垣間見れる修羅ブコメ第1巻。

    少年少女BLと色んなジャンルの先生の手伝いに行くので飽きずに読める。だいたい修羅場ってるけど泥臭いわけでもないしちゃんとラブコメってるので、普通に少女漫画として安心して楽しめる作品。

    刊行ペースが亀らしいのが難点。ではまた2年後に会いましょう。

  • 本屋でジャケ買いしました。漫画家を目指してアシスタントを続ける女の子の話。
    少年漫画家、少女漫画家、BL作家のところまで幅広くアシをしに行き、合間に自分の漫画も描き、さらに恋愛も!という主人公のバイタリティ…若いって素晴らしい。何事にも前向きに頑張るところがすごく好感持てて可愛いです。
    個人的にはBL漫画家の山猫先生の話2編で爆笑してしまったww商業も同人もやってる作家さん多いですもんね。
    それにしたって免疫の無い子にそういうシーンの原稿をコンビニでコピーさせるだなんて苦行です。睦ちゃんよく平気でいられるな…
    久しぶりに表紙だけで漫画を買いましたが、大当たりでした。絵もすごくかわいい!
    しかし1巻が出るまでに2年かかってるとは。次も2年後なのか…

  • 浪川睦はまんが家のたまご。
    いつかまんが家になりたいアシさんでもある。
    失恋、迷い、自信喪失…いろんなことがあっても頑張れるのは、やっぱりまんがを描くことが一番好きだから。
    すべての夢見る人に贈る、笑いと感動の漫画家アシスタントストーリー。

    期待を裏切らず、面白かったです!
    漫画家を目指す・目指さないに関わらず、漫画が好きな人は楽しめると思います。だって漫画を作る世界が垣間見れますから!

    あとただ漫画の話だけではなく、コメディ漫画としても恋愛漫画としても面白いです!
    みんなのキャラクターが個性的過ぎる!(笑)
    長嶋さんも面白い逸材ですが、山猫先生もすご過ぎる!!(笑)

    そしてリコ先生との恋愛フラグにいつもドキドキです。
    最初そんな感じがまったくなかったのに…!
    恋愛漫画として見ればきちんと過程が描かれてますよね。
    ただ、途中でフラグへし折られたような気もしますが(笑)

    夢も恋も仕事もぜんぶ頑張ってる女の子のお話です。オススメ!
    しかし1巻出るまでに2年かかってることを考えると、2巻もやっぱりそれくらいかかるんだろうか…。刊行ペース遅いのが唯一の残念です。

  • タアモ先生の描く女の子はウジウジ悩みっぱなしじゃなくて好き!

  • タアモさんの漫画が小学舘から再び出ることに驚き。flowersで連載しているのを知ったのはつい最近なのだけど、まさかコミックスになるまで2年かかっていたとは。
    無茶な要求の多くて容赦ないリコ先生、実はいい人なんだな。色んなジャンルの漫画のアシスタントを経験して、失敗したり前向きに頑張る睦に好感が持てる。彼氏ゲットのために一生懸命すぎる長嶋さんが面白い。後半になるにつれオタク度が上がっていったような。

  • プロ漫画家と漫画家志望者とアシスタントとオタクとBLと、
    漫画に生きる人々を描いたほっこり漫画(恋愛要素もあるよ!)。
    趣味で時々漫画を描く身としては、優しく励まされる内容でした。
    タアモさん節でこれはやばい。好き。

  • コミック

  • 漫画家を目指してアシスタントをしている漫画として、とても誠実で面白いと思う。

    個性的な作家さん、ってキャラ映えするんだね。

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「ベツコミ」(小学館)などで活躍の後、2010年より講談社「デザート」にて『たいようのいえ』(講談社刊)を連載開始。同作にて第38回講談社漫画賞少女部門を受賞。代表作はほかに『地球のおわりは恋のはじまり』(講談社刊)、『初恋ロケット』、『アシさん』(小学館刊)など多数。

「2020年 『あつもりくんのお嫁さん(←未定) (5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

タアモの作品

アシさん 1 (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする