カノジョは嘘を愛しすぎてる 11TH song (Cheeseフラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.88
  • (17)
  • (19)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 342
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091353054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと続き読めたー。高樹さんが仕掛けたのこれかー!すごいなー憎めないよなー高樹さん。ユウちゃんとソーちゃんに恥をかかせることになるかもって言うところと、一生食わせてやるってとこ私もキュンとしたよ。リコが歌い出すところ、高樹さんの歌えリコ、放送事故なのに楽しそうに笑うリコ、どこを読んでもゾクゾクした。なんなら感動してウルウルした。長浜ちゃんのCD増産の指示もおおおおー!と。茉莉の過去も同時にあって、リコを妬む気持ちもすごくわかったけど、やっぱりいつまでアキにしがみつくの〜って気持ちで見ちゃう。ポロポロ泣く茉莉を前にして抱きしめてあげるアキの気持ちもわかるけど。

  • 生でうたえてよかったね~。理子。

  • ※感想は第12巻のレビューに。

  • 理子が生歌披露!心也と楽しそうに歌うのがよかった。 『やっぱMUSH&Co.それは困るな。だってそしたら心也から横取りする理由なくなっちゃうよね。』・・・・・・横取りするつもりだったのか、天然じゃなくて故意に・・・。 対する茉莉はぼろぼろ・・・茉莉の過去も明らかに。茉莉も苦労してるのね。そして25じゃなく29だったのね。。。 最後のアキ&茉莉が綺麗だった。 2つの短編もよかった。瞬&長浜さんいいなぁ。瞬、どこまで本気か分からないけど、アキが大事なのは分かった(笑)

  • 茉莉と同世代だからか、茉莉の気持ちがひしひしと伝わってくる・・・。
    老いと焦り。
    マッシュって産まれたころからあの髪型なのか!(笑)

  • ぶはっっ!!!リコの生歌のとこの流れがすっごい良かったんだけど、巻末の瞬×アキでしんだ…。

  • リコが生歌を披露して、その歌唱力に鳥肌が立つ。高樹が放送事故をわざと起こし、リコがその局面をあっさりと乗り越え、実に楽しそうに気持ち良さそうに歌う姿が印象的。逆に茉莉はそんなリコにコンプレックスを感じ、歌に失敗してしまう。焦りもあるのだろうけれど、歌うことに対する取り組み方・想いの違いに差が出てしまった。彼女にもリコのような時代はあっただろうに・・・。茉莉の過去もかなり悲惨。その境遇とか展開の重さに青木さんの話らしさも感じたり。読む前に気合が必要な漫画。色んな意味で気持ちを持っていかれる話だと思う。

  • 1-11
    茉莉がうざい。
    そうやってるうちに愛想つけられちゃうんだからw

  • 今回は音楽番組ではハプニングを起こし、生歌で理子が歌うシーンが印象的だった。

    そんな理子を意識しすぎて、茉莉はせっかくのアキからの楽曲を台無しにして歌ってしまう。

    落ち込む茉莉を仕事としてアキが慰めるが。。

    なかなか茉莉との繋がりが切れないアキ。。
    いつまで相手をしてあげないといけないのだろうとヤキモキしたり。

    理子も物分かりがいいフリをしているし、これが二人にも感じる違和感なのだと思う。

  • 2013/09/09 ようやく読めました。電子書籍はやっぱり遅い。
    今回もぐいぐい引き込まれる…。やっぱりモノローグがすごくうまいと思います。
    読み終わったあと、1巻から読み返しました。
    早く次を…!

全20件中 1 - 10件を表示

カノジョは嘘を愛しすぎてる 11TH song (Cheeseフラワーコミックス)のその他の作品

青木琴美の作品

カノジョは嘘を愛しすぎてる 11TH song (Cheeseフラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする