とりかえ・ばや 2 (フラワーコミックスアルファ)

  • 小学館
3.91
  • (37)
  • (66)
  • (40)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :483
  • レビュー :32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091353405

作品紹介・あらすじ

話題沸騰の男女逆転物語、急展開の第2巻!

女だから愛されるのか、
男だから愛すのか―――


男らしい姫君・沙羅双樹には嫁取りの話が、
女らしい若君・睡蓮は宮中へ出仕することになり――!?

さらに、睡蓮に想いを寄せていたはずの沙羅双樹の親友・石蕗(つわぶき)は予想もしていなかった禁断の想いに目覚めてしまい…

急転につぐ急転、見逃せないトランスセクシャルストーリー第2巻!

【編集担当からのおすすめ情報】
二人の姉弟が、自らの性とは違う役割で社会に出て行く第2巻。
登場人物達が予想しなかった想いに目覚め、関係が絡み合っていく様は必見です。

ベテラン・さいとうちほ先生の新境地を是非ご覧下さい!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 倒錯した平安古典をモチーフにした漫画の第2巻。男子として生きる男装女子と、女子として生きる女装男子のきょうだいを軸に、話が一気に動き始めた。貴族の男子が男装女子に恋をして「俺は男色家か?」と悩んだり、女官として参内した女装男子が、主人(女性の東宮)に好意を抱いたり、もう何が何だか分からない世界に。この限りない百合っぽさとBLっぽさがたまらなく良い。さいとうちほの作風が、本作の倒錯した世界観に見事にマッチしている。
    どうでもいいけど、原作の「とりかへばや物語」って、「源氏物語」と「枕草子」を足して2で割った二次創作に見えるのは私だけ??(平安時代におけるパロディ同人誌!?)

  • 面白いので一気読み。

    ツンデレの四の姫と沙羅の初々しいやりとりにニヤニヤする。かわいい。
    物理的に子供を残せない、今後の展開を思うと切ないなあ

    女御たちが沙羅のことを光源氏のよう言っていたが、むしろプレイボーイぶりは石蕗中将の方が光源氏らしいのでは(笑)
    さすがプレイボーイの勘というか、本能で男か女か判断してるんだろうなあ。そのせいで悩むことになるんだけど。
    多分、ここら辺の倒錯した耽美な雰囲気が嫌いな人は気持ち悪がるのかも。
    これはギャグっぽく書かれていて読みやすい。というか中将かわいい。

  • 全力でおすすめ。
    古典の「とりかえばや物語」の漫画化作品ですが、原作にかなり忠実。同じ原作からの翻案ものとしては、既に有名な氷室版「ざ・ちぇんじ」がラブコメに特化した作りで非常に楽しいのですが、こちらのさいとう版は、現代にも通じる性の闇をあぶり出し、重量感満載の運び。それでいて、時代考証や衣裳の画へのこだわりも捨てず、原作ファンとしても大満足な作品です。
    ネタバレにもなりますが、この先のえげつない展開。氷室版は上手に避けましたが、さいとう版はおそらくそのままいくでしょうね…

  • 「とりかへばやものがたり」のオマージュは既に氷室冴子の「ざ・ちぇんじ」がある。(もちろん漫画版の同タイトルもあるわけだが、氷室さんの原作そのままを忠実になぞっているので、同作品としてみなしてよいだろう)
    職人氷室冴子のストーリーテーリングの巧みさが際立つそれが未収録作品と一緒に再販されたのはつい最近のことで、読み返した人間も多いだろう。そこに発売されたさいとうちほ版「とりかへばや」。なんだか誰かが「今でしょう!」とか叫んでいるような気もするが、買ってみる。
    さいとうちほは、高校生くらいのとき読んでた記憶があるが、その頃でも古い絵柄だと思っていた。はやりとは無縁の細いあごとか、長い足とか。
    話もドラマチックで、ジェットコースター、今風じゃない、でも面白い。

    さて、どう料理するのかなと読んでみると、氷室冴子がラブコメとしたのに対し、さいとうちほはラブシリアスとして描いている。
    主人公の名前も「綺羅きらしい」からとった「綺羅君」「綺羅姫」というポップな氷室版に対し、「沙羅」「睡蓮」といういかにもなさいとう版。
    内面も当然大きく違うわけで、まったく別物として読める。
    着地点は一緒なんだけどラブコメの綺羅が箱入りの能天気さで物事にあたっていくのと違って、同じ箱入りながらも沙羅は己のジェンダーに悩み惑う。
    氷室冴子はあくまで後味が悪くならないように、東宮や四の君を無邪気に描き、被害者にはしなかった(原作は酷いよ…男君)
    さいとう版はおそらく意識的に氷室版と真逆にしている。
    これは被害者になっちゃうのかな…。

    面白いのが、ほぼキャラを変えているにも関わらず宰相の中将に限っては二人とも同じように描いている。原作に限りなく近いキャラだ。
    結構最低なことを原作ではやってるんだけど、憎み切れないところがあるし、結構かわいい。
    ざ・ちぇんじでも正直私は綺羅と宰相にくっついてほしかった。
    平安時代の感覚で言えば、入内ってのが女の究極のハッピーエンドなんで仕方ないんだけど、ざ・ちぇんじから入った中学生な私はなぜ帝と思ったわ。
    さいとうちほ版も石蕗がかなりかわいいので、これからどうなるか非常に楽しみ。

  • ああとまらない~~。久々に課金したいさいとうちほマンガ。どうして私これほっておけたんだろう。っていうか連載当初は「またいつものさいとうちほだ」程度にしか思ってなかったのに。 着物の書き方にもほれぼれします。 さいとう先生ってどうしても洋物かぶれっていうか ドレスへの執着心がすごいっていうかもう タカラヅカ!!な世界なイメージなんだけど 着物への愛もすごいよね。っていうか小道具とか ファッションに一切手を抜いていない。 いちいち全部可愛いのはすごい。 もうずっととりかえばや読んでいたい(感想にならず)

  • 今で言う「ツンデレ」な四の姫が可愛かった。

    ただ、嫁いだ人が人だけに、彼女に待っているのは
    ドロドロの展開しかないような気が…

  • 男らしい姫君・沙羅双樹には結婚話が、女らしい若君・睡蓮は宮中へ出仕することに。
    そこでの出会いが、二人の運命を大きく変えていく…!?

    沙羅双樹、まさかの結婚展開! いやいや、そこはてっきり上手く誤魔化して逃げ切るとばかり思っていたのに、ナチュラルに結婚受け入れてて驚かされた。そりゃあ四の姫もモヤモヤするよ。普通に考えれば手を出されないとかこの時代じゃあり得ないだろうし。
    でも何だかんだ微笑ましい夫婦で、あれ?これいける?とか思った矢先の石蕗でした。
    一方で睡蓮の方も尚侍として出仕が決定。これで実は男なんだから本当に色んな意味ですごい。女が男のフリするのは小柄とかでいけるかもだけど、男が女はやっぱり難しいと思うんだけどな。
    でも石蕗が迫ったときの睡蓮の完全拒否の構えは笑った。二重の意味で身の危険だったし、頑張った。

  • いい意味でグダグダな展開がたまりません。
    本当になんでもありの世界観で今後も気になります。

  • 沙羅と四の宮の夫婦はたいへん愛らしい。
    しかし石蕗さんは…本当に……女が好きなのだなあ……。

  • 沙羅双樹は右大臣の四の姫と結婚、水蓮は女東宮の尚侍として出仕。 四の姫は最初かわいくない子だと思ったけど、沙羅と仲良くなって段々かわいくなり、終盤沙羅とのことを悩む様子はかわいそう(沙羅が女性と知らないからしょうがないのよね)。水蓮が仕える女東宮はかわいくて聡明でいいんだけど、原作ではかわいそうなことになっちゃうので心配。

全32件中 1 - 10件を表示

とりかえ・ばや 2 (フラワーコミックスアルファ)のその他の作品

さいとうちほの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

とりかえ・ばや 2 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に登録しているひと

ツイートする