とりかえ・ばや 5 (フラワーコミックスアルファ)

  • 小学館
3.90
  • (22)
  • (51)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :358
  • レビュー :29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091362469

作品紹介・あらすじ

沙羅の悲壮な決意――急展開の第5巻!!

花のように 散ってみせよう―――


男の姿をしながら、実は女であることを親友・石蕗に見抜かれてしまった沙羅。
そして石蕗との過ちを嘆く沙羅だったが、
帝への忠誠を胸に、再び仕事へと邁進する。

しかしそんな彼女の身に、懐妊の兆候が―――!?

さらに、女として東宮に仕える睡蓮にも
新たな想いが膨らんできて…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 7巻まで読破。それにしても今までは「情状酌量の余地 あり」としてきた石蕗だけど、完全にゲスの極み!!!ここまでの男性キャラ、さいとう作品でも初めてってくらい(悪役のゲスはいるんだけどこういう少しでもメインの恋愛に絡んできてる男性キャラでしかも本人悪気はないとか・・・)石蕗、ここまで堕ちたかってなりますよ。二人も孕ませそしてどっちにもよい顔をし優柔不断でどちらにも「お前だけだよ」と。私もまだ気持ちがあるから・・・とか甘いこといってました。この先石蕗に挽回のチャンスはあるのか。その一方で株を上げまくっている→

  • ますますどろどろしていく…。
    でも睡蓮と東宮さまは思い合ってるようだから、ニヤニヤして見てられる。
    石蕗はもう責任だけ取って、あとは余計な事しないで欲しい。

  • 石蕗との過ちを嘆く沙羅だったが、帝への忠誠を胸に再び仕事へと邁進する。
    しかしそんな彼女の身に懐妊の兆候が…!?

    たった一度の過ちで懐妊してしまうとは本当に運が悪いとしかいえない。それにしても吉野の君はなんかすごい頼りになるなぁ。イケメンだし。
    死すら覚悟した末に沙羅が選んだ答えが切ない。そのために華々しく散ろうだなんて…でも確かにここらが潮時だとは思う。どっちにせよ成長するに従って誤魔化しきれなくなるし。
    石蕗が一応責任とって面倒見てくれるらしいので見直したけど、沙羅は多分帝が好きっぽいよな。これ入内の話が出そうな睡蓮と代われれば上手く収まる感じか。
    その睡蓮も東宮様への想いがそろそろ隠しきれなくなってきたようでマズい。
    四の姫も結局バレて勘当されちゃったし、不穏な展開だな。

  • うおおお、やっぱりご懐妊…!!
    この事態どう乗り越える! っていうところをドキドキしながら見守りました。
    石蕗も悪いと思うけど、受け入れちゃった沙羅にも非はあるわけで。でもちゃんと「産む」っていう選択肢を選ぶ沙羅はえらい。
    石蕗もちゃんと最後は男を見せたしね!
    これで何もせずにいたらほんと最低だった…だから憎めないんだよなぁ。

    しかし四の姫も自業自得とは言え、可哀想なことに。
    今後彼女がどうなるのかも気になります。

    一方、睡蓮ですよ!
    君も絶賛恋愛中だった!!(笑)
    両想いだけど、しかし、これややこしいぞ…。
    もうお互いの性別通りに戻るのが一番いいんじゃないの、と思うけれども、そう簡単にいくかなぁという不安もあり。
    続きが気になります。

  • 氷室版の「ざちぇんじ」と比較するに、悲愴感が増している。

    オトコ並みの仕事をするキャリアウーマンが同僚と一夜の過ちを犯して追い詰められる。
    頼りない男子が上司の女性(あるいは主家のお嬢さま)への恋慕に気づき、男として目覚めはじめる。

    …という物語として読めば、古典なのにかなり現代的なテーマを扱っていると言える。
    しかし、どうしても沙羅と石蕗、睡蓮と女東宮がときめきあっている構図が、妙になまめかしく妖しい雰囲気に満ちていてぞくっとさせられるのは、この作家の才能なのだろう。やはり、さいとうちほ先生すごい!

  • 桜の宴で華やかに振る舞い宮中の人々を魅了して沙羅は失踪。水蓮は女東宮への恋心を自覚し始める。

    沙羅が失踪して帝の沙羅への気持ちが感じられる場面があり、これからが楽しみ。




  • 1.
    看平安時代的故事~
    12單衣和傳統日本建築是非常值得關注的重點!很美~~~~~


    2.
    順帶1提~若要完全符合時代的考據~
    平安時代的流行是海苔眉毛+塗黑牙齒XD(有古書證明~)
    理由說是~因為室內燈光昏暗,黑牙齒看起還比較美www 
    在額頭畫海苔眉毛~記得有哪位少女漫畫家
    (書名是後宮什麼?)真的敢畫XD
    黑牙齒就威得沒人敢挑戰現在的審美觀惹XD;
    (對了~吟鳥子的《那年代的愛恨情仇》好像也是海苔眉XD)



    3.
    這部在日本很喜歡玩的「這部作品真厲害」排行,
    不少網站的排行都有進榜!所以很早就知道此作惹~
    長鴻譯名為《龍鳳逆轉》~漢化版作品名為《真想讓你們交換啊》
    日本維基:「『とりかへばや』とは
    『取り替えたいなあ』と言う意の古語。」
    所以說漢化版譯名較接近原作吧@@ 

    可是通常正式授權版書名與封面設計等,記得有編輯說過~
    需要經過日本審查後才可以~
    所以既然日本放行,所以也不能太怪長鴻亂改書名XD
    (說不定是日方從備案中選的XD!?)

    作品是改編自日本平安時代的物語,作者不詳.
    更早以前~山內直實&冰室冴子已合作改編過.
    冰室寫成小說<ざ・ちぇんじ!>,
    山內畫成漫畫版《深宮幽情》

    可說是<なんて素敵にジャパネスク>
    (公主新娘、瑠璃公主大冒險)的雛形~練習作
    (都是平安時代的宮廷,後宮與官職,愛情&鬥爭~)

    (註:冰室冴子於2008年已肺癌過世...之前買整套《舞榭情懷》~
     看到書末,大學時代的冰室與藤田和子快樂的討論未來,
     長途電話討論劇情~帳單總是超驚悚等~覺得很是感慨...。
     追思會部分,在山內直實的新婚篇側欄也有說到~@@)



    劇情方面,由於有買《深宮幽情》~故事進展早已非常熟www 
    不過有趣點就在這~山內與齊藤的版本~
    會看出非常多微妙的不同處XDD
    最明顯的~山內的男1肯定是皇帝,
    齊藤則似乎過於側重(?)大家賭爛的渣男石蕗XDD

    而且雙方的皇上~形象也差非常多@@ 
    山內的是比較柔弱溫順~還有點天真XD? 
    而齊藤的是強勢有能力的帥哥~ 不過本人是偏向前者啦!

    那是由於~故事是平安時代,平安時代的特殊官制:
    攝政與關白(女主角老爸就是),
    分別是指 天皇成年前與成年後的輔佐~的好聽官位@@ 
    白話點~就是外祖父干政@@ 藉由不斷的送女兒進宮,
    使天皇幾乎都是 藤原某家的血統(藤原後來派系很多)
    (藤原~當年中臣鎌足家 被天皇賜姓)

    攝關政治末期好像是因為~藤原家后妃怎樣都生不出兒子XD;
    但之後也不是天皇變強喔!而是「院」~太上皇的時代@@ 
    不過時間也很短暫,馬上就是大家知道的源平之爭惹@@

    (平家也很短~併入平安末期,源氏呢~強人領袖掛掉後,
     幾乎變成北条家掌實權~@@) 

    (順帶一提~平安之前的奈良&飛鳥時代~個人分類為快樂殺人(炸)
     現在奈良好像是鹿群散步的寧靜古城,
     當年可是會有那種,一登基就殺光自己兄弟的情況...
     這階段也不少女天皇~還有復位(當2次天皇)~
     有些原因也是皇位紛爭...
     (喬不攏,乾脆以前當過的先來處理政事...)
     喔,是說飛鳥以前的天皇~權力也還不大啦!
     重大決定是合議制 而非天皇自己爽就好www)

    (漫畫推薦河村惠利《飛鳥戀歌》←當然整套有買www)
    (詳細可參考日本史、日本文學史、日本文化史等專書,
     且日本古典文學相關資料看多點~對應日本古代史會方便許多www)




    然後呢,雖然大家評論山內的比較輕鬆可愛,
    不過齊藤的怪力亂神部分 倒讓我初閱時有點詫異...@@;
    (若是冰室~再怎樣都不會脫離現實&人性...)
    齊藤最明顯的大概是床戲不手軟吧XDDD
    好像是 Vol.4 說到~渣男石蕗の中将 夫妻雙方都上惹www
    (若真的是雙刀就好惹XDD)
    關鍵劇情~女主的正妻(無誤),山內版的3公主~
    是像小孩的小女童,齊藤的4姬~則是自視甚高的美熟女
    (不過臉上有自卑的障礙www)
    也因此~他們認為自己沒有被「丈夫」出手的理由也不同~@@
    前者是等小孩長大再吃(啥),後者是自卑與懷疑~~~

    喔,女主自以為懷孕的理由~山內只是 kiss 好清純XDDD
    不過離家出走這段~齊藤版竟然是跟渣男...orz
    對啦,總之!vol.5後女主才剛被天皇升官~就長期蹺班啦www 
    之後是偽娘弟弟睡蓮與女東宮的萌萌故事☁☁☁☁☁☁☁

    睡蓮的官職是尚侍(可當成女僕長XD)~常常是天皇小老婆擔任,
    或說~不久後會變成天皇小老婆XDD(這也算是鋪梗~)
    是說男1不是天皇嗎?齊藤版的~到現在我還看不太出
    兩人未來可能會有發展耶XD;(想出很多集的關係嗎XD?)
    (山內只有4集完結~所以進展很快~)
    總之又總之~這部應該是個資源回收非常乾淨(啥),
    所有人都會湊成對的好結局XDDD


  • 石蕗どうしようもない男・・・・・・(笑)。さて沙羅はどうなるのか。

  • たまたま高校の授業中に解いた問題集でとりかえばや物語について知ったのをきっかけに五巻までいっきに読んでしまいました。五巻では特に沙羅双樹が石蕗の子を宿すところから始まり、それゆえの沙羅の苦悩とそれを知らない睡蓮の苦悩等を描いています。続きが楽しみになって仕方がないくらい面白い展開になっています。古典が好きでない人でも読みやすく勉強になるのでおすすめです。一巻から通して読むことをオススメします☆

  • 沙羅の悲壮な決意――急展開の第5巻!!

    花のように 散ってみせよう―――


    男の姿をしながら、実は女であることを親友・石蕗に見抜かれてしまった沙羅。
    そして石蕗との過ちを嘆く沙羅だったが、
    帝への忠誠を胸に、再び仕事へと邁進する。

    しかしそんな彼女の身に、懐妊の兆候が―――!?

    さらに、女として東宮に仕える睡蓮にも
    新たな想いが膨らんできて…!?

全29件中 1 - 10件を表示

とりかえ・ばや 5 (フラワーコミックスアルファ)のその他の作品

さいとうちほの作品

とりかえ・ばや 5 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に登録しているひと

ツイートする