天(そら)は赤い河のほとり (2) (少コミフラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.74
  • (47)
  • (21)
  • (86)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 393
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091365026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大筋の流れはとても面白いのだけど,ティトのお姉さんたちのあまりにも簡単に引っかかるところとか,ちょっとあり得ない感じが雑だ.

  • 電子無料。カイルは良い男だし話も面白いけど、結構残虐な話でしんどくなりそう。。ユーリの性格にはちょっと慣れてきました(笑)

  • 現代に戻る条件は揃ったものの、ティトの一件でそのチャンスは一年後になりました

    まあそうじゃないとここで帰っちゃたらお話終っちゃうよね(^^;)

    やっぱりわたしもユーリの立場だったらティトの事がうやむやになったまま帰るのはためらっちゃうかも

  • カシュガ族ズワに、夕梨の代わりに捕まったティト。無残にも皮を剥がされ酷い死体となり夕梨たちの前に晒される。当時ショックだったなあ、篠原さんの過去作を知っていればこういう場面は想定内でしょうが。ナキア皇妃から服を取り戻し元の世界へ戻る儀式を執り行うが、ティトの死の仇を取るまで還れないと夕梨はヒッタイトに残ってしまう。確かにこのままのうのうと元の生活送れないよね。その直後夕梨は、ティトの故郷アリンナを責めるカシュガ族討伐にカイルとともに向かう。のちの重要人物、ティトの姉ハディ、リュイとシャラ登場。ハディたちは皇妃側近のウルヒから偽情報を掴まされ、夕梨殺害を目論むが失敗。さらにたまたま夕梨が黒馬に乗ったことから、苦戦してしたカシュガ族討伐を一瞬にして勝利へと導いてしまう。当初は夕梨の悪運の強さが目立つよね。しかしウルヒが持ち込んだ毒薬で、一時夕梨は仮死状態に。死んだと勘違いしたカイルは、実は夕梨を元の世界へ還したくなかったと自覚。一方、目覚めた夕梨は眠る間に彼女を誘拐したズワたちから逃走。そこで出会ったのは、未だティトを夕梨が殺したと誤解する、ティトの父タロス。絶体絶命。

  • ティとの死が周りに回ってこんなことに…。
    それにしても、使者のアノ人の動向になんかあやしいと思わなかった三姉妹に笑ってしまいました。
    世の中そんなに甘くないです。

  • 夕梨は日本に帰るために必要な、服を取り返しにティトとともにナキア皇妃の宮に忍び込む。
    しかし、二人はナキアの待ち伏せにあい、捕まりかける。何とか服を取り返し宮を脱出したが、ティトが犠牲となってしまう。
    悲しみに暮れる夕梨を、カイルは優しく慰める。二人の距離が少しずつ縮まるなか、カイルの側近イル・バーニは日本に帰るための条件が揃ったことを告げる。
    嬉しいことのはずなのに、素直に喜べない夕梨。ついに、日本に帰るための儀式が始まるが、皇妃の邪魔が入り...。

  • 【M】

  • 現代の主人公が古代へある用件のためタイムスリップさせられる。
    その用件とは、自分の息子を皇子にしたい王妃が自分の皇子以外の王位継承者を呪い殺す生贄のためだったのだ。
    さてさて、このまま呪いの生贄にされちゃうの??

  • '07.07.16

全10件中 1 - 10件を表示

篠原千絵の作品

ツイートする