天(そら)は赤い河のほとり (9) (少コミフラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.79
  • (51)
  • (15)
  • (82)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 377
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091365095

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 偽イシュタル登場.いやいや次から次へと巡るましい.

  • イシュタル最高!

    ウルスラが加わったおかげで宮もすごく賑やかになった!(●^o^●)

  • 偽イシュタルに刃向かった罰として、七日熱患者を集めた″谷″へ放り込まれた夕梨。市長の息子とともに患者の世話をするも、一向に感染する気配がない。未来人であること初めて役に立ったよね。その後、牢屋に入れられるも、夕梨の活躍に惹かれた谷の人たちや兵士が牢やぶりを決行。遅れて事態収拾にカタパへやってきたカイルと夕梨は再会。偽イシュタルを語ったウルスラを女官として迎え、夕梨の株はうなぎ登り。そのままカイルはジュダを抑え皇太子に選ばれる。夕梨を抱かなかった理由、カイルらしくて良かった。母の墓所で誓う場面も見所。

  • 【M】

  • 主人公がかっこいい!
    よくあるタイムスリップものなんだけど、主人公がこんなにキャラ立ち出来てる作品って珍しいと思った。
    今まで読んだファンタジーものの中ではピカイチ!
    登場人物がいちいちキマってるしw
    王家の紋章よりこっちの方が断然良い!
    古代文明に興味が湧くよ☆

  • 現代の主人公が古代へある用件のためタイムスリップさせられる。
    その用件とは、自分の息子を皇子にしたい王妃が自分の皇子以外の王位継承者を呪い殺す生贄のためだったのだ。
    さてさて、このまま呪いの生贄にされちゃうの??

  • '07.07.16

  • エジプト、いつかいってみたい

  • 表紙がすきv

全10件中 1 - 10件を表示

篠原千絵の作品

ツイートする