Yasha(夜叉) (1) (別コミフラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.53
  • (63)
  • (85)
  • (226)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 678
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091367341

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全12巻

  • 図書館借り
    面白くて引き込まれる。
    3巻まで読了。

  • なんだかドキドキの展開。どうなるか。それから静の可愛い少年時代から大人になった時のギャップがこれまた萌える。やばい。

  • 『BANANA FISH』に次ぐ吉田秋生の最高傑作。
    この2作品は全ての人に読んでもらいたい。

    神の禁じ手・遺伝子操作により生まれた静。驚異的な頭脳と運動神経を持った静は自由を奪われ、研究者として米ネオ・ジェネシス社に囲われている。
    研究のため故郷の日本を訪れた静は、そこで双子の凛と出会い、歓喜するが――

  • 全12巻 完結
    続編として「イヴの眠り」がある。

  • 吉田秋生の漫画の中で一番好きな作品。
    小さい頃に読んでたこともあって、たぶんだいぶ影響された漫画だと思う。作者の描く海がきれい。雰囲気とか

  • 全12巻

  • 久々の再々々・・・読です。昔の作品は面白いけどやや観念的なところと、絵がどうにも好みじゃなかった。だけど「ラバーズキス」以降のクールで清潔感のあるこの絵はかなり好き。
    キャラクター配置はどの作品にも共通するところがあるけど、この方の絵もストーリーの力量も期待以上のもの。2巻以降が楽しみ~♪

  • 深い。おもしろい!
    双子の兄弟が主人公というのがまた良いです。少しBLくさい感じもあって、いろんな楽しみ方が出来るかも。
    とりあえず内容がおもしろいので読んで損はない!

  • 全12巻。

全63件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

同姓同名あり。

1. 吉田秋生 (よしだ あきみ)
1956年、東京都渋谷区生まれの女性漫画家。武蔵野美術大学卒業。1977年「ちょっと不思議な下宿人」でデビュー。1983年、「河よりも長くゆるやかに」及び「吉祥天女」で第29回小学館漫画賞を、2001年に「YASHA-夜叉-」で第47回小学館漫画賞をそれぞれ受賞。その他代表作に、「BANANA FISH」。
代表作のメディア化が多く、「吉祥天女」は2006年TVドラマ化、2007年に映画化された。「海街diary」は2015年に映画化されている。2018年には「BANANA FISH」がTVアニメ化された。

2.吉田 秋生(よしだ あきお)
1951年生まれのテレビドラマ演出家。学習院大学法学部卒業。

Yasha(夜叉) (1) (別コミフラワーコミックス)のその他の作品

吉田秋生の作品

Yasha(夜叉) (1) (別コミフラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする