5時から9時まで 11 (Cheeseフラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.73
  • (12)
  • (17)
  • (14)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 251
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091377173

作品紹介・あらすじ

月9で連続ドラマ化決定!

「28歳処女だってことを気にしてなんかいなかった。
でも経験のないことが不安なんだってことを、
あなたを好きになって初めて思い知った…」



山渕百絵、28歳、腐女子をこじらせたアラサー処女。
今まで人生で彼氏がいたことがなかった私に、
金髪碧眼の王子様みたいな彼氏ができた。

これって何の奇跡?

と思っていたら、つきあってからが、大変で。
最初のキスはいきなりやってきた。
でもアーサー様は寝惚けていて、
私の人生最初の偉大なる一歩を覚えていない。
そう、この年でキスくらい騒ぐようなことじゃないってわかってる。
向こうにとってはたかがキス、なんだろうし。
きっと、大したことないと思ってるに決まってるんだ…
でも…

【編集担当からのおすすめ情報】
2015年10月期、全国フジテレビ系列月曜9時の枠で、ドラマ化が決定しました。
前々から映像化のオファーは多く、読者さんや業界関係者の方からも「まだなの?」のお声をたくさんいただいていた本作。
満を持しての、ドラマ化です。

今まで応援して下さった方にも、そして新しく読み始めた方にも、たっぷり楽しんで頂ける内容となっております。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 11巻に来て、ネネちゃんとユキくんカポーが大好きになってきた。モモエ&アーサーの進展も続きが楽しみだし…。
    しかし5時9時って、ハーレクイン的な恋愛テンプレートが複数同時進行で、かなりお得感あるなと改めて思った。

  • ゼクシィおめでとう…………!!!!

    国立くんも良い子そうだけど、、、、、。

  • ミスモモエ素敵ですね。

  • アーサー×百恵 蜂屋×ゼクシィにドキドキ 主の二人はそんなでも(^_^;)

  • ついに追いつきました。さてさてこれまでの感想を…。
    なんかいろいろとっ散らかっている漫画だと思っていた作品ではありますが、綺麗に片付いてきましたね。うまい具合にいい感じになってはいるのですが、三嶋はかわいそすぎるのと、アーサーに夢見てしまうのとでワクワクしております。
    いや、現実あんなカッコ可愛い男なんて転がってないのは知っているのですが、漫画の中だから夢見てもいいのでしょう。ただ、現実を見ると野神さんに転がっていきたい私です。渋くて紳士な天然さん…かわいいです。
    簡単にまとめると、何とも夢見る作品でした。現実を忘れさせてくれる漫画、サイコーです!

  • 蜂屋かっけー。冗談かと思ってたら本気でゼクシィのこと好きだったんだー。
    アーサーとモモエも順調?そうだし。
    星川さんの「大丈夫ですから」にキュンキュンだわ。
    進むごとにどんどん良くなってるこのマンガ。
    12巻はよっ!

  • また欲を駆り立てるようなことをw

  • なんだか表現がよりマンガっぽくなった気がする。
    色んな面でラブが進んだ巻でした。
    色々苦労している毛利ちゃんが好きになりました。

  • 鉢屋が本気だした!
    ほんとにゼクシィのこと好きなんだなー。
    あとユキと寧々。寧々のことが好きな第三者の男が介入することによって、ユキの気持ちが明らかになった気がする!
    ただまだ寧々がわかってないから一筋縄ではいかなさそうだけど、うまくいくといいなー。

    そして潤子が出張で京都へー。
    いつの間にか、星川との間に絆のようなものが生まれている気がする。

    今回は脇役メインのストーリーだったけど、次回はふたりのその後を読みたいところ

  • 成る程。そうなる訳ね。

    メインの3人に興味がないので、後はユキちゃんの行く末を見守りたいと思います。しかし、大富豪多すぎ!メンズが各種取り揃えられててレベル高すぎ!(笑)大人のおとぎ話ですね。ヒロイン嫌いなのですが、石原さとみちゃんが演るなら、さぞかしキュートであろうと思います。彼女、ECCのCMにも一時出ていましたし、ちょっと観てみたいですね。デレデレ。可愛い女の子は好き。

    でもこの漫画、結構な〝どエロ〟ですよね(今更)
    ユキちゃんは妹ちゃんと何とかなりそうな展開。もう読まなくてもいいかな?

全12件中 1 - 10件を表示

相原実貴の作品

5時から9時まで 11 (Cheeseフラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×