イヴの眠り―YASHA NEXT GENERATION (1) (flowersフラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.37
  • (35)
  • (45)
  • (206)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 510
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091380333

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • YASHAの主人公・新人類の有末静と女戦士ルー・メイ・クァンの娘のお話。
    本人のアリサは自分は父ケン・クロサキと母の娘だと信じて、ハワイで生きてきたが、ある日静の心のないクローン、スーグイに狙われたことで事実を知り、戦うことになる。
    バナナ・フィッシュから出ているシン・スウ・リンも登場。彼とあーちゃんの息子・烈(リエ)もアリサに惚れている。

  • 全5巻 完結
    4巻がない
    YASYA-夜叉-の続編

  • 全5巻

  • 夜叉の続き。
    作者の同人誌だと思いたいくらい残念

  • 全5巻。『YASHA-夜叉-』の続編。

  • YASHAの後日譚。

    不思議あ能力を持つ少女の
    母はあの人。
    義理の父はあの人。
    本当の父はあの人。

  • 1〜5 完結

  • YASHAからリンクするこの連載。
    天才美形主人公は健在(笑)さすが吉田秋生さん。

    でも吉田秋生ファンとしては終わりが納得できない。
    ありなの?ここでのっとるのはありなの?
    行きづまったんかなあって思ってしまいました。

  • YASYAの続編。

  • 「YASHS-夜叉-」の続編

    どんなんでも、この世界に再び触れられることが素晴らしい。

    タイトルの意味が最後に分かる。
    そこが本当に良い。
    この最後を書くために続編出したんじゃないかというくらい

全53件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

同姓同名あり。

1. 吉田秋生 (よしだ あきみ)
1956年、東京都渋谷区生まれの女性漫画家。武蔵野美術大学卒業。1977年「ちょっと不思議な下宿人」でデビュー。1983年、「河よりも長くゆるやかに」及び「吉祥天女」で第29回小学館漫画賞を、2001年に「YASHA-夜叉-」で第47回小学館漫画賞をそれぞれ受賞。その他代表作に、「BANANA FISH」。
代表作のメディア化が多く、「吉祥天女」は2006年TVドラマ化、2007年に映画化された。「海街diary」は2015年に映画化されている。2018年には「BANANA FISH」がTVアニメ化された。

2.吉田 秋生(よしだ あきお)
1951年生まれのテレビドラマ演出家。学習院大学法学部卒業。

イヴの眠り―YASHA NEXT GENERATION (1) (flowersフラワーコミックス)のその他の作品

吉田秋生の作品

ツイートする