ふしぎ遊戯 玄武開伝 (5) (フラワーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.39
  • (25)
  • (37)
  • (157)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 485
感想 : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091384751

作品紹介・あらすじ

再び「四神天地書」の世界へ向かう多喜子に

妖魔と戦う女宿(うるき)たちを残し、現実世界に戻ってしまった多喜子(たきこ)。本の中と現実世界で時間の流れが違うことに気づいた多喜子は母親を生き返らせるという新たな目的を胸に再び四神天地書の世界へ向かう。女宿の腕に抱きとめられた瞬間、多喜子は確信した---女宿を愛している…! 6人目の七星士・牛宿(いなみ)登場! 急展開の第5巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 多喜子が現実世界に一旦戻ってしまいましたね。
    虚宿と斗宿の過去に向き合ったり、多喜子と女宿が自分の気持ちに向き合ったり、ついに6人目の七星士が登場したりで、登場自分物が増えて急にピッチが早くなってきました。

  • 第13〜16話収録。
    多喜子は現実世界へ戻ったことで、初恋の終わりと、女宿への愛を自覚する。そして玄武を召喚し母を生き返らせる為に再び本の世界へ。そして女宿と愛を確認したものの、二人の宿命を果たす為、七星士と巫女の関係を続けるを誓う。めっちゃ切ない!一方、妹アイラの恋心を叶えようと、斗宿は虚宿に妹を幸せにするよう諭す(笑)遊郭への潜入方法といい、まさかのボケ役。残念なイケメン。それにしても、紅南国の服が懐かしい!女宿の服は鬼宿みたい。その服を売った迢(ちょう)という女主人は柳宿に似ている。まさか柳宿の先祖?

  • 父の想いを知り、母への想いと北甲国を守るべく
    決意も新たに玄武の世界へ旅立つ多喜子。

    女宿への想いも確信し、互いの想いは重なっていることを
    知るも、巫女と七星士の宿命に阻まれる。

    重苦しい想いもありつつ、少しずつみんなと心を
    通わせ始める壁宿がうれしい♡

    そして、6人目の七星士を求めて紅南国の遊郭へ!

  • 再読日:2012年6月3日
    これまで忙しない展開だったので今巻は小休止的な感じです。
    多喜子とお父さんの距離が少し縮まって安心しました。
    お父さんは消して悪い人ではありません。
    ただ、娘との接し方が解らないだけです。

    そして祭でのアイラの行動力に驚きました。
    もっと大人しくて控え目だと思っていたので。

  • 元の世界に戻ってしまった多喜子ですが、父と和解し、またすぐに戻ることができたようですが、あのとき吹いた風はなんだったんでしょ。

    結構時が経ってしまっているかと思ったけど、まだ戦闘しているところに戻ることができ、モウも倒し、この話は終了です。
    斗宿の妹アイラが虚宿に好意を寄せていて、それに戸惑う虚宿がかわいいです。

    一行に斗宿も加わり、6人目の七星士を捜しに、「ふしぎ遊戯」の時の舞台だった紅南国に向かいましたけど、次の舞台は遊郭。遊郭の女主人が初の女性七星士、牛宿のようですが、このおばちゃん、一筋縄ではいかなさそうです。

  • 【Y】

  • それまでのが現代だったのに対し、
    今度の主人公は少し昔の時代の女の子。
    本の世界に取り込まれた女の子が、
    お母さんを生き返らせようと、がんばる話?
    とっかかりとしては、こっちのほうが
    悲壮感ありますな。

    話としては思ってた以上に面白いです。
    長期連載の後の、同じ世界観での新連載って、
    エピソードが枯れてることが多いんだけど、
    主人公も相手の男もぜんぜん性格が違うので、
    同じパターンを繰り返されてる感覚が少ない。
    そこがポイント高いかも。

    あいかわらず彼氏の台詞が
    砂吐きそうで、すっごくなつかしかったです。
    私はこういう甘ったるい台詞は苦手なんだけど、この作品はなぜか許せる。
    ていうか、逆にコレが無いと物足りない。
    なんでだろうね。

    とりあえず、続きは読んでみたい感じ

  • 古本屋で1巻〜4巻まで2冊200円で売っていたのを退屈しのぎに買ってみたら、結構面白かった。アジア系ファンタジーが好きなのだと実感。知らずによんだけど、有名な作品の続編のようだ。

  • 最近たまたま玄武編読みました。
    朱雀・青龍編の時かなりファンだったので。
    今、朱雀・青龍編読み返してます。

  • 「ふしぎ遊戯」から長い時をへて
    玄武編!!
    まさかまた「ふしぎ遊戯」の世界でにリアルタイムで触れることが出来るなんて夢にも想いませんでした。

    でも玄武の巫女のラストを知っているだけに
    読むたびに、七星士がそろっていくごとに悲しさを感じます。

全22件中 1 - 10件を表示

渡瀬悠宇の作品

ふしぎ遊戯 玄武開伝 (5) (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×