青楼オペラ (5) (Betsucomiフラワーコミックス)

  • 小学館
3.55
  • (2)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091388186

作品紹介・あらすじ

残酷な運命と叶わない恋、その行方は!?

江戸時代、遊郭吉原。

大見世・曙楼に自ら実を沈め、親殺しの仇を探していた茜。

少しずつ事件の真相に近づきつつも、大きすぎる的の存在に、茜は押しつぶされそうになる。

そんな茜を無条件で励まし続ける惣右助。
彼の熱い想いに触れ、茜は一夜を共にすごそうと誘って・・・・・・!?



【編集担当からのおすすめ情報】
既刊も続々重版出来!!!
茜と惣右助2人の恋も、事件も、急展開です!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もう大事な人を失いたくないってことで、若旦那を突き放すも、裏技を使って戻ってきた惣右助。

    しかし花魁もので純潔を守るって、突き出し後はどうするんだろう。
    若旦那が毎日通うくらいしか手立てがないぞ。

  • 特別、ここがこう上手いと思うわけじゃないのに、なぜか惹かれるこの人の作品は。全体に色気があるというか…ブラックバードは好きやったなー。

  • ※1~5巻までの感想をまとめてこちらに。

    舞台は江戸時代、遊郭吉原。
    両親の仇を討つため、吉原一の花魁を目指す茜(朱音)の物語。

    吉原ってドラマや映画の題材になることが多いけれど、なかなか知ることがない世界なので新鮮で面白い。
    男にとっては夢の国、女にとっては苦界~というイメージだったけれど、意外と季節の行事とか催し物があったりして、賑やかな雰囲気もあるんだなぁと。
    それでもやっぱり、女性にとっては過酷な場所だったと思う。
    でも、茜をはじめ曙楼の女性たちを見てると「泣くも一生、笑うも一生」ってことわざを思い出して…前向きで凄いなあって思った。

    茜の家の件は、どうやら相当の大物が関わっていそうな感じで一筋縄にはいかない様子。
    だけど心強い味方・惣右助や利一と力を合わせて、なんとか真相にたどりついてほしいなと思う!p(´∀`*)q

    次巻、敵の懐に飛び込んだ惣右助と茜の活躍に期待☆

  • 葵と佐吉の死の悲しみにくれる茜を、奮い立たせる若旦那。
    若旦那までも巻き込みたくないと突き放す茜の姿が悲しい。
    しかしそれでもあきらめないところが若旦那の良いところ。
    黒幕を店につれているという展開に驚いた。

全5件中 1 - 5件を表示

桜小路かのこの作品

ツイートする