とりかえ・ばや 11 (フラワーコミックスアルファ)

  • 小学館
3.97
  • (15)
  • (29)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 222
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091388988

作品紹介・あらすじ

離ればなれになっていた二人の想い――!

大人気 男女×逆転STORY!
男女の身を取り替えていた姉弟は、
それぞれ生まれながらの性に戻り、再び宮中に出仕することとなる。

しかし男の身に戻った睡蓮は女東宮(おんなとうぐう)との密会をとがめられ、地方で謹慎の身に。

愛する女東宮(おんなとうぐう)を守るため、
危険を冒して謀反の証を手に入れた睡蓮だったが、追手に追い詰められ…!?

そして都では、女東宮が決意を胸に秘め、
最後の責務に向かう――!!

相愛の11巻!!

【編集担当からのおすすめ情報】
男の身に戻った睡蓮、そして女の身に戻った沙羅が
それぞれの大切な人のため、動き出します。
想いが高まる11巻、どうぞお楽しみください!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと!睡蓮&東宮の恋、成就!
    まことの名(真名)を交わすところはじんときた。
    そしてとうとう主上が入れ代わりに気づきはじめ、いよいよクライマックス突入の予感。
    典侍が男の場合自分の気持ちはどうなのかとか、両方男の場合、両方女の場合、とか、あらゆる場合分けを考えてはいちいち悩んでいる主上が、おかしかった。
    見逃してあげてよ、とも思うが、主上の性格と政治上では、そうもいかないし、梅壺が知ってしまった以上、波乱は必至!
    毎度ながら絵も美しくて、次巻も楽しみです。

  • 帝が沙羅と睡蓮を「2人の魔性とどう向き合えばいいのか」って評してたことめっちゃ萌える。中性的で献身的な双子に惑わされる帝

  • いつ秘密がバレるのか、毎回ハラハラします。
    次巻はもうヤバそうだ!今回、睡蓮が男らしくカッコよかった!

  • 苦難を乗り越えてやっと結ばれた睡蓮と東宮さま。このカップルはピュアで可愛らしい感じで微笑ましくて好き。立場をわきまえながらも、気持ちを抑え切れない東宮さまが可愛いし素敵だった。
    このまま幸せになって欲しいけど、一方で沙羅に想いを寄せる上様がついに二人の秘密に感づいてしまってどうなるのか。
    そこに追い打ちをかける梅壺の存在。
    全てが上手くいき過ぎてる感じもするけど、だからこそ安心して読める所もある。
    ドラマチックな展開と美しい絵で引き込まれる。

  • 東宮様よかったね。早く続きがよみたい。

  • 面白くてここまで一気読み。
    東宮と睡蓮良かったねと思ったり
    吉野の宮と三の姫が今後……?? と思う一方
    また梅壺か……この人がいると波作れるしな。

  • 入れ替わりがバレてしまいそうでドキドキする…。果たしてどうなるのか。

  • 表紙が全て。睡蓮(沙羅双樹の右大将)と女東宮とうとう…めでたい。しかし沙羅は帝からのアプローチから逃げるしかなく切ない。帝はもっと太っ腹だと思うけどな〜。

  • 勇ましい東宮がかわいくて応援しながらワクワク読む前半と、沙羅への気持ちを抑える気もなく押せ押せで天の川を渡りたいと言いながらも(ネタバレ)沙羅の秘密の色々な可能性に一人モンモンモンとする帝が面白いである!

  • 男であっても受け入れる帝をちょっと見てみたい。

全21件中 1 - 10件を表示

とりかえ・ばや 11 (フラワーコミックスアルファ)のその他の作品

さいとうちほの作品

とりかえ・ばや 11 (フラワーコミックスアルファ)を本棚に登録しているひと

ツイートする