初恋の世界 (3) (フラワーコミックスアルファ)

著者 :
  • 小学館
3.40
  • (5)
  • (15)
  • (24)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 239
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091394286

作品紹介・あらすじ

女、40、どうすりゃいいの!?

地元・角島のカフェの立て直しをはかる店長の薫。彼女は店の方針に逆らう年下のバイト・小鳥遊に手を焼きながらも新しい試みをスタートさせようとしていた。
そのころ、薫と友人たちは恋に、家族にそれぞれ悩みを抱えていて・・・?

【編集担当からのおすすめ情報】
独身だったり不倫をしていたり夫に愛人がいたり、バツイチで再婚を熱望していたり、女40、それぞれの人生が問題を抱えていて、誰もがどこかで共感してしまうはず。
大人の、悩み多き青春第2幕です!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • えぐる!容赦なくえぐるね!な、3巻。正直、『姉の結婚』が終わった時に、もうアラフォー女性の恋愛モノはこの先マンネリになるのでは……と思ったけど、これに何とも思わない女性はいないのでは。ああ、悔しい。

  • 主人公は、わりと最近の西作品によく出てくるタイプだけど、それをとりまく友人たちが色々な事情を抱えていて、そっちのほうが面白い。

    仲良し4人組、40代を迎えてそれぞれに問題や事情を抱えている。
    いい年になると、何もない人間なんていないよな。

  • 浮気をする愛人側と、浮気をされる人妻側。どっちの立場もつらいが、やっぱりこれだけはいえる。誰かを不幸にして、浮気する既婚者はダメだ。

  • 本格コーヒーを提供するカフェの店長として故郷の田舎町に赴任してきたアラフォー女子の人生模様第3巻。今回は高校時代の親友達の出会いとそれぞれの現在の人生によりフォーカスして偶像劇の様相に。

  • みんなの学生時代と現在抱えてる闇が描かれててきゅんとした。幸せってなんだろね。

  • 小鳥遊の本質が分からない。
    40代女性の心の闇と友情か。
    林さんの夫さん最低。
    そんな男がはびこる社会。
    女性の人権の低さに悲しくなる。

    今も昔も変わらない。
    損をするのはいつも女性。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

鹿児島県出身。1988年『待っているよ』でデビュー。代表作は『娚の一生』『姉の結婚』。

「2018年 『キスする街角』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西炯子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

初恋の世界 (3) (フラワーコミックスアルファ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×